« タバコの害 | トップページ | 眼内レンズ 多焦点レンズのデメリット »

超うれしい加工

プラスチックレンズをフルリムのフレームに入れる場合、レンズのヒズミ は、少なくしたいものです。

もちろんヒズミはゼロが理想なのですが、フレームでレンズを支えないとレンズは保持できません。

その保持力が強すぎるとレンズのヒズミが強くなることがあります。

そういう点にも配慮して、当店は枠入れ加工をしています。

先日、お客様からお預かりした他店調製メガネをヒズミ計で検査してみると、

Dscn81461

強いヒズミが入っていました。

これでは、フレームにもレンズにも負担がかかります。

見え方にも悪影響を及ぼす可能性も高くなります。

「掛けていると何だか気持ち悪い。クラクラする・・・」などがありましたら、レンズのヒズミが強い可能性があります。

そのメガネに当店でレンズを入れ替えました。

Dscn81611

強いヒズミは入っていません。

これが「超うれしい加工」です。

« タバコの害 | トップページ | 眼内レンズ 多焦点レンズのデメリット »

メガネレンズの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« タバコの害 | トップページ | 眼内レンズ 多焦点レンズのデメリット »

最近のトラックバック