« 複視 | トップページ | セルフレーム 色彩 »

自転車の話

「高額ロードバイク快走」という見出しの記事が高知新聞に載っていました。

記事によりますと、

中高年や若い女性に愛好者が増えている。フレームにカーボンやアルミなど軽い素材を使い、10万円を越える高級モデルの売れ行きが好調だ。

とのこと。

自転車が趣味の私とすれば、自転車を愛する人が増えて嬉しい気持ちはあるのですが、反面「自転車ブーム」が起こりすぎれば車社会との摩擦も大きくなるのでは・・・と危惧します。

だって、道路は車と共有して走りますから、車にとって自転車は邪魔な存在になります。

現に、威圧してくるドライバーのかたもいます。

車と自転車、共存共栄していけばいいのですけどね・・・。

そこで、私は提案します。

高知は森林率が高いので、山を走りましょう。

そうすれば、車の邪魔になることは少ないし、山の空気は美味いし、田舎にお金を落とすこともできます。

一石二鳥にも三鳥にもなります。

ロードバイク好調の記事の下に

「市道で自転車転倒○○市に賠償命令」が載っていました。

記事によりますと、

タイヤ幅の狭い自転車で、市道の溝ふたの隙間にタイヤが挟まってけがをしたのは○○市が道路の管理を怠っていたためだとして運転していた男性が市に損害賠償を求めた。

 

○○地裁は○○円の支払いを命じた。

とのこと。

ウーン、この判決が妥当かどうか?

街中はもっとタイヤ幅の広い自転車(クロスバイクなど)で走ればいいのでは・・・・と思ってしまう。

ロードバイクに乗るのであれば、もっともっと、注意して走ってほしい・・・と思う。

覚悟も必要でしょうね。

「お気楽にロードバイクに乗らないでよ」と言いたい。

この判決でサイクリストが嫌われるのではないでしょうか・・・。

○○市は、「今回の事故をうけロードバイクの通行を禁止しました」なんてことになったら大変

« 複視 | トップページ | セルフレーム 色彩 »

サイクリングの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 複視 | トップページ | セルフレーム 色彩 »

最近のトラックバック