« しょうが焼き街道 | トップページ | タバコの害 »

白内障 眼内レンズ

白内障術後に挿入する眼内レンズ(IOL)には、

単焦点レンズと多焦点レンズがあります。

多焦点レンズは、保険適応になっていないので、単焦点レンズに比べて高額になります。

多焦点レンズは、光学的な問題(単眼複視など)があり、必ずしも期待通りの視力が得られる訳ではありません。

もし、私が眼内レンズを入れるとしたら、そんなデメリットのある多焦点IOLを選ぶことはありません。

「多焦点レンズは、メガネなしで遠くも近くも見える」というメリットはあるのでしょうが、見え方が悪ければ快適な視生活を送ることはできません。

もし、眼科医に多焦点レンズをすすめられたら、くれぐれも慎重に検討してください。

メガネのようにダメだったら、交換・・・・ということはIOLは簡単にはできませんから。

« しょうが焼き街道 | トップページ | タバコの害 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« しょうが焼き街道 | トップページ | タバコの害 »

最近のトラックバック