« オーバル型のメガネ | トップページ | 簡易深視力計 »

間歇性抑制

人間の眼は二つあります。右眼と左眼です。

右眼と左眼は、成人で約60mm~約70mm離れていて、左右の網膜には、別々の像が映ります。

両眼が外界から受ける印象を重ね合わせることを「両眼視」と言います。
人間には眼前にある物体を複像として見ることを嫌う本能があるので、両眼から外界の印象を伝えられた両視覚はこれらを完全に合致しようとします。これを「融像」と言います。

なんらかの原因で融像が働きにくくなると、左右の眼の網膜に映った像を1つにまとめて、単一視することが困難になり、複視を感じることや複視が生じることになります。

すると、どうなるか・・・・。

脳は、複視を嫌うので、複視を消すために網膜からの刺激を感受することを拒絶してしまいます。
これを「抑制」と言います。
脳が混乱を避けるための防衛反応とも言えます。

時々、抑制することを「間歇性抑制」と呼びます。

間歇性抑制があるかたの事例をアップしました。「抑制 6

« オーバル型のメガネ | トップページ | 簡易深視力計 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オーバル型のメガネ | トップページ | 簡易深視力計 »

最近のトラックバック