« 雨中のサイクリング | トップページ | 貯金箱オモチャ »

心因性視力障害

視力障害は、ストレス、不安、恐怖、などの心理的な要素が原因で起こることがあります。

これらを「心因性視力障害」と呼んでいます。

心因性視力障害は、家庭、学校、職場などで問題がある場合などにも起きる恐れがあります。

器質的疾患がないのに視力に問題が起きているわけですから、治療には根気がいると思います。

心因性視力障害は、専門の医療機関にご相談ください・・・。

で、メガネ屋で遭遇するのは、小~中学生で屈折異常、眼位異常がないにもかかわらず「視力不良」のかたです。

たとえば、

10歳の小学生

裸眼視力が 右眼0.5 左眼0.6

遠視、近視、乱視もありません。

それなのに、「黒板の字が見えづらい、教科書が見えづらい」と。

試しにテストレンズで「+0.25Dとー0.25Dを重ねて」、視力測定をしてみると、

右眼1.0、左眼1.0が見えた・・・。

「+0.25とー0.25を重ねる」ということは、度数は0(ゼロ)「度なしレンズ」になるってことです。

度なしレンズで視力が向上し、学習成績も向上する。そんなお子様もいます。

ま、魔法の?アドバイスもするのですけどね・・・・

« 雨中のサイクリング | トップページ | 貯金箱オモチャ »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨中のサイクリング | トップページ | 貯金箱オモチャ »

最近のトラックバック