« 5月25日の開店時間 | トップページ | 縦方向に視野が広い子供用メタル枠 »

縦方向に視野が広い子供枠

お子様の場合、メガネのサイズ選びは大人以上に慎重にしなければいけません。

サイズが適切でないと
・レンズの厚みが目立ちやすくなる。
・レンズ周辺部の歪みが気になる。
・ズリ落ちてきやすくなる。
・お顔からフレームが出っ張りすぎるので、危険。
・美的な問題もでてくる。
などの問題点がでてきます。

それと、お子様に要求されるのは、充分な視力と共に、周囲を広く見ることのできる能力なのです。つまり、視線を固定して見える範囲をいう視野だけではなく、眼を動かして固視出来る範囲をいう注視野の考え方も重要です。

それには、メガネの横方向に適度な大きさの玉型が必要なのです。
メガネサイズについて」もご覧ください。

また、小児の視点が低いことを考えますと、上方への注視野が確保されたほうがいいです。
それには、メガネの縦方向に適度な大きさの玉型が必要なのです。

縦方向の視野が広い子供用フレーム↓が入荷しています。

Sese581Sese591Sese601




« 5月25日の開店時間 | トップページ | 縦方向に視野が広い子供用メタル枠 »

子供用メガネの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月25日の開店時間 | トップページ | 縦方向に視野が広い子供用メタル枠 »

最近のトラックバック