« U字クリングスのコンビフレーム | トップページ | 光沢のあるゴールド色のフレーム »

白内障術後のメガネ

白内障術後のお客様。C様 遠近両用メガネがご希望です。

右眼だけ手術をされています。

手術以前の屈折状態は、左右眼とも遠視でした。

手術後は右眼が近視になり、左右眼で度数差が大きい「不同視 」になっています。

不同視になると・・・・。

不同視のかたのメガネで大きな問題は、レンズの「プリズム誤差」が生じて疲れやすくなるということです。

プリズム誤差とは
そもそも眼鏡レンズはプリズムレンズの集合体と言えます。
レンズの光学中心(光心)以外でモノを見ると、レンズのプリズム作用が生じてしまいます。
この場合、プリズム作用が生じたとしても、左右が同程度の度数であれば、左右眼ともにほぼ同じ量のプリズム作用が生じてきますので通常は問題になることは少ないです。
しかし、左右差のある不同視眼ですと、左右で生じるプリズム作用が大きく異なってきます。
この誤差を「プリズム誤差」といいます。

特に、不同視のかたが遠近両用メガネを作る場合は、難しくなることが少なくありません。
それは遠近両用レンズは遠用部(遠方を見る部分)から、近用部(近方を見る部分)に視線を垂直移動して見るレンズだからです。

ということは、近用部に「垂直方向のプリズム誤差」が多く発生します。

ですから、白内障術前には「眼内レンズのパワー(度数)をどうするか」ということを慎重に決定しないといけません。

近くが見やすい軽い近視になったほうがメリットは多いと思いますが、手術は同時期に両眼共に手術するとは限らない・・・。

すると、C様ように不同視の問題も生じてきます。

左眼も手術をして、近視眼にすればいいのですが、健康な目を手術するのも考えものです。(C様の左眼は、矯正視力1.0あります)

だって、手術はリスクもあるし、手術したことによるデメリットもあるからですね。

C様の遠近両用メガネは、不同視のことも考慮に入れて調製しました。

遠近両用レンズのタイプも不同視のかたに向いているタイプを選んでいだきました。

術後の眼位(視軸の向き)にも問題が発生していましたので、プリズム矯正をしています。

C様は眼科発行の眼鏡処方箋を持参されていなかったので幸いでした。

当方とC様の共同作業で、共同責任でメガネを調製できるからですね。

C様のかかりつけの眼科は「メガネのことはメガネ屋に・・・」とおっしゃっていただける眼科です。

眼鏡技術者としたら、とってもありがたい方針です。

« U字クリングスのコンビフレーム | トップページ | 光沢のあるゴールド色のフレーム »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« U字クリングスのコンビフレーム | トップページ | 光沢のあるゴールド色のフレーム »

最近のトラックバック