« 剣道用メガネ 海舟 | トップページ | ココナツ洗剤 »

学童期の近視は・・・

近視 のかたが、裸眼で近見視をすれば、正視のかたよりも調節力が少なめですみますし、近視度数や近見距離によっては無調節で近見視ができます。
「調節力が節約できていいのでは・・・」と思われるかも知れませんが、そうではありません。

それは、調節力と輻輳力は連動しているからです。
調節機能を節約すれば、調節性輻輳の働きが悪くなり眼位ズレが起きやすくなります。

結果、近視のかたは輻輳不全になりやすく、外斜位になりやすくなります。

ということは、「学童期のかたの近視も完全矯正度数で調製したほうがいい」ということも言えると思います。(ただし、近方の眼位や調節によっては低矯正のほうがいい場合もあります)

しかし、「完全矯正度数で調製すると近視の進行が早くなる・・」という説もあります。

だけど、この説は絶対的に正しいという根拠はありません。

おそらくその説によって「近くのものを見るときは必ずメガネを外してください」とアドバイスしているかたもおられるようですが、どうなんでしょうか・・・・?

「必要時だけメガネを掛けましょう」ならまだしも、近見視メガネ厳禁とは・・・。

教室の前の黒板を見るときはメガネを掛けて、手元の教科書を見るときはメガネを外す。

その繰り返しをしていたら、それだけで疲れてしまいます。

勉強の効率も落ちるでしょうね。

« 剣道用メガネ 海舟 | トップページ | ココナツ洗剤 »

メガネ検査の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 剣道用メガネ 海舟 | トップページ | ココナツ洗剤 »

最近のトラックバック