« 偏光クリップオンサングラス | トップページ | メガネスタンド »

いの町商店街 家賃補助

7月5日 高知新聞によりますと、

シャッターを閉じた店舗が目立ついの町中心商店街を活性化させようと、空き店舗などを活用して新店をオープンさせる事業者に対して、毎月の家賃を最大5万円補助する取り組みを始めている。

とのこと。

少しでも商店街に活気が戻ってくると嬉しいですね・・・・。

私が子供のころ(昭和30年代~40年代)は、それはそれは商店街は賑やかでした。

夜の9時になっても人通りがありましたから、店は時々10時ぐらいまで営業していた記憶があります。

それが時代の流れとともに、段々と店舗も少なくなり、悪循環で益々商店街の人通りが少なくなりました。

商店街が寂れた原因は色々ありますが、やはり「後継者がいなくて廃業・・・」が多いのではないでしょうか。

今後、後継者の育成にどう取り組んでいくかが大きな課題でしょうね。

対症療法も悪くないけど、根本的に治療をしないと未来は暗い・・・かもね。

« 偏光クリップオンサングラス | トップページ | メガネスタンド »

いの町の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 偏光クリップオンサングラス | トップページ | メガネスタンド »

最近のトラックバック