« サンダルの修理 | トップページ | 輻輳近点 »

ネジ折れ込修理

この時期、ネジの折れ込修理が多くなります。

(今日も、朝早くに「お店は何時から開けていますか」と修理ご依頼のお電話がありました)

汗でネジが腐食し、折れるんですね。こうなったら、レンズは脱落します。

ネジ折れ込は、たいていは当店で修理が可能です。

その場合、修理時間は

5分ぐらいでできる時もあるし、30~40分ぐらいかかるときがあります。

ネジの先がヤットコで掴めるぐらい出ていたら、割合と簡単にできます。

しかし、ネジ先が出ていない場合は、こういう道具Dscn94511


を使ってネジを抜いていきます。

上部のハンドルツマミを回してネジを押し出します。

この作業、けっこう神経を使います。下手にやると、レンズ止め部分が変形、もしくは破損することもあるからです。

こちらは、レバーを使い下に押し出す強力タイプです。Dscn94521

このネジ抜き器は強力ですけど、ハンドルツマミ方式よりも使い方が難しいです。

レバーを押す力加減が難しいからですね。だから、たいていはハンドルタイプで修理をしています。

道具の価格はレバータイプはハンドルタイプの2倍ぐらいしますから、その点では強力です・・・

しかし、使い勝手は微力です・・・・。

道具もメガネと同じで「高ければいい・・・」というものでもないです。

« サンダルの修理 | トップページ | 輻輳近点 »

メガネ修理の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サンダルの修理 | トップページ | 輻輳近点 »

最近のトラックバック