« 幼児のメガネ | トップページ | 天然ウナギ »

LEDと青色光

日本眼鏡技術者協会 生涯教育 「LEDと眼」

電球色LEDは、青色光による網膜傷害リスクは白熱電球や同色の蛍光灯と大差はない。

LEDだからといって特別に青色光を警戒する必要はないということですが、青色光そのものは網膜に影響を与えるものですから、長時間青色光は浴びないほうがいいですね。

人間の生体リズムはメラトニンと呼ぶホルモンが外界の光の影響をうけるいうことが報告されています。

メラトニンは深夜集中的に放出され、睡眠と深い関係があるとのこと。

ですから、深夜にスマホ、パソコンはしないほうがいいでしょう・・・。

でも、どうしてもしたければ青色光を低減するフィルターレンズがあります。

このレンズを「ブルーカットレンズ」と呼んで宣伝しているメーカーもありますが、「カット・・」は誇張です。「ブルーちょっとカットレンズ」、もしくは「青色光低減レンズ」と呼んだほうが適切でしょうね。

え、「それでは売れない」ですって・・・・

« 幼児のメガネ | トップページ | 天然ウナギ »

メガネの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 幼児のメガネ | トップページ | 天然ウナギ »

最近のトラックバック