« ボストンとウエリントンのコンビネーションフレーム | トップページ | 明視域とは »

近視のかたの見え方

正視かたの遠方の見え方は無限遠(∞)まで、良く見えます。

「良く見えます」というのは、無限遠まで網膜上にピントが合っているということです。

しかし、近視 のかたは遠方は良く見えません。

「良く見えません」というのは、網膜上にピントの合う距離が有限になるからです。

たとえば、

S-1.0Dの近視では(SはSpherical、近視の球面度数。DはDioptre、曲光力、度数の単位)

100㎝までは、ピントが合います。

S-2.0Dでは

50㎝まで。

S-5.0Dでは

20㎝までになり、それより遠くはピンボケの世界です。

当然、近視度数が強くなるにつれて、5mでの視力は弱くなります。

ということは、視力は近視度数の目安にもなります。

視力が0.1であれば、おおよそS-3.0Dぐらいの度数かな・・・とか。

でも、近視度数がS-5.0D以上あるのに、視力が0.4前後見えるかたもいます。

かとおもえば、S-1.0Dぐらいの近視でも、視力が0.1前後・・・なんてこともあります。

ウーン、やはり人間の眼は理論通りにはいかない・・・・場合もあります。

視力は目安にすぎない・・・・面もあるということですね。

心の目もありますから。

« ボストンとウエリントンのコンビネーションフレーム | トップページ | 明視域とは »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ボストンとウエリントンのコンビネーションフレーム | トップページ | 明視域とは »

最近のトラックバック