« 明視域とは | トップページ | 不思議な合金フレーム(レディース用) »

遠視のかたの明視域

では、遠視のかたの明視域はというと・・・・、

これ、ちょっと説明が難しくなります。

遠視のかたの明視域は、「眼球後方」になることがあるからです。

えー、眼球後方ってどういうこと・・・?って思いますよね。

では、遠視の説明から

遠視とは、眼が全く調節を行っていない(例えば無限遠方を見ている)ときに、眼に入る平行光線が網膜より後に結像してしまう状態をいいます。
この状態では、ものがハッキリと見えませんので、調節機能で焦点を網膜上にもってくるようになります。

常に毛様筋を使い眼が緊張しているため、眼が疲れやすくなります。

5メートル視力表での視力測定の結果がいいから正視だと勘違いしている人もいるようですが、視力1.2以上の人の中には、正視の人の他に遠視の人もいるので注意が必要です

お子様は、遠くの視力だけではなく、近見視力の検査も必要なのです。

ということです。

遠視のかたは「常に調節をつかって、ピント合わせをしている」ということです。

で、明視域は、遠視度と調節度が関係してきます。

遠視度数よりも調節力が強い場合は、ピントを合わせることができます。

たとえば、

S+2.00Dの遠視、調節力6.00Dの明視域は

調節を2.00D使えば、遠方にはピントが合うので、「∞」になります。

調節を6.00D使えば、25㎝までピント合わせが可能です。

ですから、この場合、「+∞~25㎝」が明視域です。

では、遠視度数よりも調節力が弱い場合は・・・・。

どの距離でもピントを合わせることができません。明視不可能です。

ピントは、調節力をいっぱい使っても「眼球後方」にあります。

だから、約束事としてこの場合の明視域は「眼前」でなく、「眼後」ですよ・・・としています。

たとえば、

S+2.0Dの遠視で、調節力が1.00Dの場合「-50㎝~ー100㎝」になります。

眼後はマイナスで表示しています。

わかりましたでしょうか?

おそらく遠視の明視域に関してはピンとこないと思います。

「明視域とは眼のピントを合わせてハッキリと見ることのできる範囲です」って説明したのに、どの距離でも網膜上にピントが合わない遠視があるからですね。

ま、それだけ遠視のかたは明視域に関しても、ちょっとややこしくて、調節にも負担がかかりやすいです。

ユーザー様は「遠視のかたは、眼の中にマイナス要素を持っている眼で、適切に矯正することは近視眼よりも大事です・・・」ということだけご理解いただけると幸いです。coldsweats01

« 明視域とは | トップページ | 不思議な合金フレーム(レディース用) »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 明視域とは | トップページ | 不思議な合金フレーム(レディース用) »

最近のトラックバック