« 丸メガネ 一山 樹脂加工 | トップページ | PDがやや広めのかたの丸メガネ »

遠近両用メガネの度数がわからない。

遠近累進メガネ (さかい目のない遠近両用メガネ)をお掛けのA様。

眼科で診察を受けたとき「メガネの度数を調べます・・・」と言われたそうです。

で、検査員のかたが度数を調べようとしたのですが「どうしても、このレンズの度数は、わからない」と言われ、他の検査員のかたも加勢したのですが「ウーン、わかりませんね・・・」とのことでした。

それで検査員のかたに「このメガネはどちらで作られたのですか」と訊かれ、「メガネのハマヤさんです」とお答えしたそうです。

すると「あー、そうですか・・・」と。

A様の遠近両用メガネはプリズム入りのメガネですが、度数を調べることはそんなに難しいことではありません。

日本で一番大きなレンズメーカー「HOYA」の商品ですから、調べる方法を知っていれば簡単なものです。

プリズムが入っていても同じように調べることができます。

でも、眼科では度数を測定することはできなかった・・・・・。

レンズの劣化が激しければ度数を測定することは難しくなるのですが、そういう問題もありません。

また、調べる方法がわからなくても、レンズメーターを駆使することによっても遠近累進メガネの測定は可能です。

ま、遠近累進メガネは各メーカにいろんな種類がありますから、中には度数測定が難しい(ややこしい)レンズもあるのは事実ですが・・・。

それにしても、光学的な知識に疎い眼科が「調製したメガネをご持参ください。眼科で点検します!」というのは、どうもいただけません。

遠近累進眼鏡の知識に疎い眼科も少なくありません。

眼科は病気の発見や病気を治すことが本職ですから仕方ありませんね・・・。

ちょっと気になる店は、調製したメガネ店の名前を訊くことです。

訊く目的は?訊くことによって、何をどうしよと考えられたのか?

いずれにしろ、A様は当店調製遠近両用メガネの「度数が測定できない」ことにやや不信感抱いておられましたので、じっくりと度数測定についてご説明しました。(けっこう時間がかかりました)

眼科は「遠近両用メガネの度数を測定するのは苦手です・・・」とでも患者さんに説明してくれればいいのに・・・・。

なお、当店は眼科の指定店になっておらず、どこの眼科とも利益供与的な関係(癒着関係)にはなっていません。

« 丸メガネ 一山 樹脂加工 | トップページ | PDがやや広めのかたの丸メガネ »

メガネ検査の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 丸メガネ 一山 樹脂加工 | トップページ | PDがやや広めのかたの丸メガネ »

最近のトラックバック