« ある量販店のチラシ広告 | トップページ | ウスカルフレーム「ソルダート」 »

両眼バランスとは・・・

メガネを調製する場合、「右眼のバランス」をとることは重要です。

では、「左右眼のバランス」の何が重要かということですが、

実は「視力のバランス」ではなく、「調節のバランス」です。

右眼と左眼が両眼共1.0見えているからOKという訳ではないのです。

右眼と左眼を交互に見え方の比較をして、「見え方は同じ・・・」でもダメです。

それはどういうことかいいますと、

人間は両眼を明けて日常視をしています。

片眼を塞ぐと「融像除去眼位」になります。融像除去眼位と両眼で見ている「両眼視眼位」は、視力も変化する場合が少なくありません。

ですから、視力バランスに関しては「左右眼交互比較は意味がない」ということも言えるのです。

(もちろん、片眼での見え方のチェックをするのは、病気発見などには役に立つので悪いことではありません)

しかし、手間暇かけて、調節バランスをとって、両眼視機能を考慮に入れてメガネを調製しても、片眼遮蔽の交互比較でもって、「このメガネは左右で見え方が違う、間違っている!」とお叱りを受けることがあります。

これに何度泣かされたことか・・・・。

「いえ、これは調節バランスをとって、両眼視で、ある距離を明視した場合、両眼での調節量を揃えているメガネです」と説明しても中々聞いていただけません。

ダメと思ったら、もうどうやってもダメ・・・のパターンです。

結局、泣く泣く片眼遮蔽の交互比較で見え方のほぼ揃っているメガネに作り直す・・・・。

眼鏡技術者にとって、辛いことです。

詳しくはこちらもご覧ください→「両眼調節バランステスト

« ある量販店のチラシ広告 | トップページ | ウスカルフレーム「ソルダート」 »

メガネ検査の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ある量販店のチラシ広告 | トップページ | ウスカルフレーム「ソルダート」 »

最近のトラックバック