« ウスカルフレーム「フィリア」 | トップページ | おおざっぱな眼鏡処方箋 »

超音波洗浄器のデメリット

超音波洗浄器です。

Dscn04581


超音波の振動で細かい気泡を発生させ、その気泡がはじける時にできる衝撃波が、手のとどかない微細な隙間の汚れを粉砕し、汚れをスッキリ取り除きます。

この超音波洗浄器、メガネが綺麗になるのは間違いないのですが、デメリットもあります。

そ れ は、「レンズのコーティング膜が剥離する恐れがある」ということです。

レンズが新しいうちは、まぁ、大丈夫ですが、経年変化でコーティングが劣化していたり、キズがあった場合などに、超音波の刺激がキッカケでコーティングが剥がれることがあります。

また、レンズの種類、フレームの種類によっては、超音波洗浄器はNGのものもあります。

だから、超音波洗浄器でのメガネ洗浄は要注意なのです。

しかし、「超音波洗浄器でメガネをキレイにします。無料です」と、お気軽にメガネユーザーを誘っているメガネ店もあります。

これはどうなんでしょうねー・・・、超音波のリスクを考えれば・・・・。

超音波のリスクを少なくするには、レンズは外して洗浄すれば安全です。

でも、それでは超音波で洗浄する意味がなくなるかもせ知れません。

それは、超音波洗浄によってフレームとレンズの隙間から汚れがニョロニョロでてくる快感?が得られなくなるからですね。

そのニョロニョロ汚れでもって「どうですか!これだけメガネが汚れてるんですよ。どうですか新しいメガネをもう一本!」てな感じのセースルトークのデモンストレーションが超音波洗浄器の役目ですからね。

なんでもそうでしょうけど、超音波洗浄器も使い方次第です。

« ウスカルフレーム「フィリア」 | トップページ | おおざっぱな眼鏡処方箋 »

メガネの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウスカルフレーム「フィリア」 | トップページ | おおざっぱな眼鏡処方箋 »

最近のトラックバック