« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

複視に対応するメガネ調製

今、突然複視になったかたのメガネ調製をしています。(継続中)

http://hamatami.cocolog-nifty.com/diary/2016/07/post-e8f5.html

当店で複視を解消するためのプリズムメガネを調製して2ヵ月が過ぎました。

この間、眼位ズレ量が日々変化していて、ズレ量が少なくなってきています。

(徐々にプリズム調製量を減らしていっています)

良い傾向です。

このかたの複視になった原因は、不明です。

現在の医学では、まだまだ解明されていない部分も多いですね。

それで、当店では光学的対応としてプリズム眼鏡で調製していきますが、「メガネ屋がそういうことをやることはけしからん」と思っている眼科もいます。

そう思っている眼科は当方の調製にケチをつける傾向もあります。

当店の対応を非難することもありました。

まぁ、以前に比べたら最近はマシにはなってきているのですが・・・・・。

当店に「けしからん!」と電話がかかってくることも、最近はありません。

それでも当店調製のプリズム眼鏡にややケチをつけることもあります。

「このプリズム量はやや多いのでは?」とか、いかにも当店の調製にやや問題があるようなニュアンスで・・・・。

ウーン、突然複視になったかたの眼位(プリズム量)というものは変動しやすいから、変わってあたり前なんですがね・・・。

「しっかり対応してくれるメガネ屋さんでよかったですね」とでも言ってくれれば、患者さんもどれほど安心するか・・・・。医療関係者の言葉は重いですからね。

なお、当店は、眼科の指定店になっておらず、どこの眼科とも利益供与的な関係にはなっていません。

 

ネジ折れ修理

なにもしていないのに、メガネフレームからレンズが脱落する・・・・・。

それは夏に多い怪奇現象です・・・・なんてことはではなくて、ネジが腐食して折れたのですね。

怪奇現象ではないですから、ネジ抜きの修理をすれば直ります。

ネジの一部がフレームから出ていたら、こういう特殊なヤットコDscn06091

でネジをつかんで抜くことができます。

腐って埋没しているネジは、ネジ抜き器やドリルを駆使して、抜いていくことになります。

Dscn06081
この作業けっこう難しいこともあります。

ネジ抜き器やドリルは下手にやれば、フレームが破損することもあるからです。

ですから、ダメそうなときは壊れる前に、専門の修理業者に送るようにしています。

しかし、業者に送ると修理費用が高くなります。日数もかかる・・・・

たいていは当店で修理はできますけどね・・・・。

ウスカルフレーム「テトラコーサ」

ウスカルメガネフレームとは強度近視のレンズを薄く軽くし、レンズを小さく作ることのできる、機能性を重視して製作されたメガネフレームです。

そういった出自の強度近視ウスカルメガネフレームから、新しい要素をもって意欲を持って製作された新モデル「テトラコーサ 」が登場しました。

Dscn06001Dscn06011Dscn06021

当店には3本入荷しました。






高齢者の免許更新

運転免許 普通免許に必要な視力は片眼で0.3以上、両眼で0.7以上です。

(片眼が0.3以下の場合は、他眼の視力が0.7以上で視野が左右150°以上あること)

この視力がないと免許を取得、更新ができません。

当店は高齢者のお客様が多いのですが、視力を出すことに苦労します。

それは、視力は45歳~50歳ぐらいを境として眼疾患がないにもかかわらず生理的に低下する傾向にあるからです。

(個人差も大きく80歳でも視力が1.0以上の人は10%ぐらいはいると言われています)

先日は75歳で、

片眼 失明 片眼0.6(矯正視力)のかたのメガネを調製しました。

もちろん、このままでは免許の更新はきびしいです。

では、どうするか・・・・・。

見るためのトレーニングをするのです。

そうすると、0.7のランドルト環 の切れ目の方向がなんとなく判断できるようになってくるのです。

つまり0.7は見えていないけど、「切れ目の方法を当てる確率が高くなる」ということです。

もちろん、この視力では運転は危険なので、できれば運転はやめたほうがいいのですが、田舎の足事情もあります・・・・・。

なんとか視力試験に合格するようにお客様との共同作業で頑張っていきます。

一山メガネの樹脂加工

一山メガネ のブリッジ Dscn06051_3


に樹脂加工をしてみました。

Dscn06071

樹脂加工は「金属部分が鼻に当たるのはどうも・・・」というかたにおすすめです。

ただし、ブリッジキャプのほうが鼻への当たりはソフトになります。Buri131

実は、この樹脂加工、以前は違う樹脂を使っていたのですが、メガネ屋仲間から教えたもらった、樹脂で加工してみました。

前の樹脂は水泡ができやすかったのですが、今回の樹脂は問題なさそうです。

しばらく実際に私が使用してみます・・・・。

メジカの新子

8月25日(木) 曇り時々雨 のち晴れ

不安定な天候、サイクリングはあきらめて山歩きをする。

しかし、レインウェアを着ての山歩きは暑かった!早々と撤退

お昼は今が旬のメジカの新子 を須崎に食べに行く。

14721134655931472113487161

美味かった

3時ぐらいには天気がすっかり回復してきたので、山サイクリングに行く。

今年はじめての栗をゲット。1472113501127

歯が弱い

歯の治療が本日で終了しました。

次は半年後に点検にいきます。

浜田 清は歯が弱いです。

弱い原因は、子供のときに、コーラを飲み過ぎたこともあるでしょう。

それでも歯磨きをキッチリとすれば、虫歯はある程度防げたかも知れませんが、後の祭りですね。

私の場合、目は不同視、頭は絶壁、胃腸は弱い、左足が弱い などの欠点もあります。

もちろん、欠点は少ないほうがいのですが、「欠点は長所にもなる」という面もあります。

少なくとも私の仕事には、不同視は大いに役にたっています。

絶壁頭も「私の頭だって、こんなに歪んでいますよ。人間の顔も左右が完璧に対照のかたはいませんよ・・・」というアドバイスのデモにもなる。

眼鏡士は、「やや欠点のある人間を選んだほうがいい」かも知れません・・・・。

歯が弱いことで、役に立つことは・・・・。

ウーン、歯医者さんに貢献できる・・・・かな?

ある眼科医からのクレーム

眼鏡新聞によりますと、

日本眼鏡販売連合会によせられたクレームで、眼科医からのものがありました。

 患者にメガネの処方をし、メガネ店でメガネを調製したところ、具合が悪い。

 メガネ屋では「処方どおりに調製したメガネの具合が悪い場合は、眼科医にご相談ください」とのことでした。

 それで、再処方したがメガネ屋から「レンズ代を負担してくれ」と言われた。

 仕方なく支払ったが、こんなことがあるのか?

と、いうものです。

まず、「この処方責任は誰にあるのか」ということですが、処方箋を発行した眼科に処方責任があることは間違いありません。

メガネ屋もそう思ったから、眼科医に交換するレンズ代を要求したのでしょう。

それは、そうです。処方責任はメガネ屋にはありませんから、再処方のレンズ代金をメガネ屋が負担することはオカシイことです。

しかし、通常、医療機関は結果責任を問われません。

だとすれば、眼科がレンズ代金を払う必要はない。

なのに、眼科はレンズ代金を支払った・・・・。

結果責任は問われないけど、道義的責任を感じたから支払ったのだろうか?

「仕方なく支払った」と言うぐらいだから、それはないかもね・・・・。

おそらく、この眼科医は「再処方のメガネ代金は、メガネ屋が負担することは当たり前」という感覚なのでしょう。

そうだから、日本眼鏡販売連合会にクレームをいれた・・・。

これは、そういう感覚にしてしまったメガネ屋にも罪があると思います。

まぁ、だけどレンズ代金を請求したメガネ屋さんも度胸があるというかなんというか。

その眼科医の処方にはいつも泣かされていたのだろうか・・・。

いつもの結論ですが、

こういうトラブルがおきないように、

「大人のメガネで、病気の治療を目的とするものではなく、普通にメガネ店でできる調製はメガネ店に処方を委ねていただきたい」ということですね。

そうすれば責任の所在もハッキリします。

軽いフレーム

二色のアセテートを張り合わせた厚さ3mmのフロントに、カーブを描くテンプル形状で、軽やかで、しなやかな薄細デザインのフレームです。

Dscn05951Dscn05961Dscn05981Dscn05971


4本入荷しました。






クロスシリンダーを購入

「クロスシリンダー」を購入しました。

Dscn05931

クロスシリンダーとは乱視を測定する検査道具です。

クロスシリンダーは「乱視度数」と「乱視軸」の緻密な測定が得意な道具です。

たとえば、人間の持っている本当の眼の乱視よりも、

乱視軸が90°よりも85°よりか、95°よりか、

5°キザミで正確に乱視が測定できます。(乱視度数が強ければ1°キザミもできます)

乱視度数は、0,25Dよりもやや強いか、やや弱いかをつかむことができます。

人間の目はピッタリ水平(180°)、垂直(90°)というのは案外少ないです。

しかし、乱視軸がやや斜め方向になると違和感が強く発生することもあるので、違和感を少なくする目的で、「本当は88°だけど90°で調製する」ということはよくあることです。

ただし、乱視軸を調整することは、「矯正効果が少なくなる」、「残余乱視」が発生するなどのデメリットもあります。

乱視が強ければ強いほど乱視の調整は慎重にしないといけないですね。

眼科発行の眼鏡処方箋では、乱視軸が左右とも90°、180°という処方が多いのですが、この場合は違和感を少なくする目的なのかどうか・・・・・。

クロスシリンダーで細かく乱視の検査をしている眼科は少ないですね・・・。

なお、今回クロスシリンダーは予備的に購入したものです。

今までのクロスシリンダー、そうとうに使いこんでいますので、痛みも出てきていますから。

Dscn05941

夏休みは愛知県に

18日、19日と名古屋に遊びいきました。

一日目は「徳川美術館 」へ行きました。

Dsc00112

展示物が多くて見応えがタップリの美術館でした。

やはり家康の力は偉大です。

二日目は名古屋から少し足をのばして犬山市 「明治村 」に行きました。

明治村は38年前、昭和時代に会社の慰安旅行で行ったことがある思い出の場所です。

Dsc00137Dsc00138Dsc00140

今回、久しぶりに訪れて昭和時代に比較して建物が多くなったようです・・・。

暑くて暑くてバテバテになりましたが、まー、明治を満喫しました






8010運動

18日(木)、19日(金)夏季休業をいただきます。

歯医者に通っています。今日で3回目。

歯茎が腫れたので、根の治療などをしているのですが、良くなるかどうかは一年ぐらい経過しないと分からないとのこと。

ダメであれば抜歯も・・・・

あー、段々と歯がなくなってくる。

ま、歯の寿命は60年というし、もうすぐ60歳なので仕方ないか

8010を目指して頑張ろう!

大きいウエリントンメガネ「ロックヒルズ」

大きいメガネ研究会オリジナルフレーム

大きいウエリントンメガネ「ロックヒルズ 」が入荷しました。

Dscn05471

大きいメガネ研究会の企画となるオリジナルのウエリントン型セルフレームも、ずいぶんと増えてきました。

エッジの立ったマユを持つクラシカルなスタイルのセルフレーム、その名も「ロックヒルズ」が登場しました。

ロックヒルズは、これまでに出した大きいセルフレームでは、ステイトメントⅡと近い雰囲気を持っています。

サイズ設定は、59□18 で、レンズの縦寸が 34 mm ありますので、累進レンズも使えます。

ナイロールフレームのレンズが外れた

ナイロールフレーム と呼ばれているメガネフレーム。

Dscn05371

メガネの下半分にリムがありません。(ですから「ハーフリムフレーム」と呼ばれたりもします)

ナイロールフレームはシンプルでありながら、メガネの楽しさを表現できるフレームです。

しかし、フルリムフレームに比較して強度的にやや弱い面もあります。

レンズを保持しているテグスが切れることもあります。

(テグスは切れても交換はできます)

また、テグスが伸びてきた場合や、なんらかの力がレンズに加わると、レンズが外れることもあります。

Dscn05381


そんな場合、メガネ購入店に修理の依頼をしてください。

でも、直ぐにメガネ屋にいけない場合・・・・、

ちょっとしたコツがいりますが、簡単なヒモ(荷造り用のヒモなど)を使用して、ご自分でレンズを入れることが可能です。

Dscn05391

夏休み

当店のお盆休みは、

18日(木) 19日(金)と連休をいただきます。

斜視の手術

「斜視の手術をしたけど、また斜視になった」というかたは、少なくありません・・・・と感じるのはそういうかたが当店にご来店されるからですね。

2、3回、再手術をしてもダメだったかたもおられます。

今の医学では、手術で100%斜視を完璧に治すことは難しいのでしょうね。

そもそも医学にも完璧を求めるのは無理でしょう。

それならば、人間の持っている治癒能力も利用し、その力が視機能トレーングなどで最大限発揮するようにすればいいと思います。

しかし、今の医療体制ではこれも難しいのでしょう。

斜視を少しでも改善するための視機能トレーニングをアドバイスすることは手間暇がかかりますからね。

患者さんも面倒だからトレーニングをしない・・・・パターンも多い!

また、術後、両眼視するために、残った斜視をメガネでプリズム矯正をしたほうがいいと思われるかたでもホッタラカシ・・・・のパターンも多い

結局、大人になって斜視が原因の片眼視力不良で「メガネでなんとかなりませんか・・・・」と来店されるパターンが多くなります。

だけど、斜視の期間が長ければ深い抑制 が入っていることがあります。

その抑制を取り除くのは相当に困難です。

取り除こうとすれば複視 が発生することもあります・・・・。これは辛いです。

斜視になる原因の一つに眼筋、神経支配の異常があります。

 

その異常はプリズムメガネで改善することもあります。

 

複視を解消するための方法として「プリズムメガネを選択する」こともありです!

よさこいは熱かった!

よっちょれ よっちょれ 高知 よさこい祭り 熱かった!

熱いよさこいにパワーをもらいました。

147096615575514709662171121470966233809


私達は、高知駅→帯屋町→中央公園→はりまや橋と演舞場を回りました。

一番良かったのははりまや橋演舞場でした。

はりまや橋は踊り子さんと観客の距離がかなり近くなるので、迫力があります。

アーケードがあり日差しを遮ることができるので、熱中症の心配が少なくなる点もいいですね。

中央公園のステージでの踊りも良かったのですが、暑くて暑くて、シニアには辛い・・・・。

1470966275749_21470966587537_21470966662826_2

1470966246966_21470966452566_21470966607322_3 ←おや、このかたも踊ってらっしゃる。


1470966485422


踊り子さん、スタッフさん、ご苦労様でした。

来年も頑張ってよ。

よさこい 本番!

いよいよ本日より「よさこい祭り 」の本番がはじまります。

高知のお城下が熱気に包まれるでしょう。

幸い、明日は木曜日!当店の定休日。

浜田 清と久美は躍動感あふれる踊り子の熱気に包まれにいくでしょう。

よさこいには熱中するけど、熱中症にはならないように気をつけます。

仁淀川

今日の高知新聞に「仁淀川 危険個所どう告知」という見出しの記事が載っていました。

仁淀川はこの10年で水難事故の犠牲者は15人にのぼり、先月もお二人のかたがお亡くなりになりました。

仁淀川は水の透明度で4年連続で全国トップクラスに輝いたほどの清流です

それで行楽客が急増しているそうです。

でも、川の危険個所を知らないかたが犠牲になっている・・・・。

なんとも悲しいです。

私が子供の時は、夏休みには日が暮れるまで、毎日のように仁淀川で遊んでいました。

本当に楽しくて、子供時代の一ページです。

Dscn05441 (← 当店 昔のチラシ広告より)

でも、おぼれかけた苦い経験もしています。

ですから、仁淀川の危険性も十分にわかっています。

それで、お願いしたいのは、

仁淀川で泳ぐかたは、必ずライフジャケットを着用していただきたいです。

Dscn05421 (← 昔のチラシ広告より)

ライフジャケットを着用すると安全で、しかも川下り遊びも楽しめます。

プカプカ浮いて、水の流れに身をませるのは、とっても気持ちがいいです。

Dscn05431 (←これも昔です)


カヌーで遊ぶこともできます。

Dscn05451 (←昔 仁淀川で遊んでいました)

もう一度言います。

仁淀川は流れが複雑なところもあり、渦が巻いているところもあります。

水面は穏やかに見えても、水中では流れが速いところもあります。

急に水深が深くなっているところもあります。

仁淀川を良く知らないかたは、危険な箇所では泳がないでください。

泳ぎたければ、必ずライフジャケットを着用してください。!

斜位で、目が寄っていく・・・

「最近、この子の目が外側に寄っているみたいです・・・」と10代のお子様の親御様がおっしゃいます。

お子様は、幼児のときに斜視の手術をされています。

でも、斜位が強くて時々抑制 (間歇性抑制)もしています。

それで、当店でプリズム矯正をしたのですが、このかたの場合、プリズム矯正をしても直ぐに抑制傾向が良くなる訳ではありません。

抑制をしている期間が長ければ長いほど、その抑制を取り除くのは困難になるからですね。

そもそも、抑制は複視 の混乱を避けるための、脳の防衛反応とも言えるものですから、脳にとっては完全抑制をしたほうが両眼視するこによる疲労はなくなります。

でも、片眼が完全抑制になると、その目は高い確率で弱視になります。

弱視になると、職業の選択肢が少なくなるなどのデメリットが生じることになります。

では、どうするか!

やはり、脳を鍛えることが一番でしょう。

幸い、このかたの場合、鍛えると効果が期待できる方向の斜位なので、「とにかく視機能トレーニグをやってください」とアドバイスをしました。

お子様に合ったトレーニング方法 も全部説明しています。

でも、トレーニングは面倒なので中々やってくれない・・・・。

親御様は「病院へ行ったほうがいいでしょうか・・・」とおっしゃるので、

「病院では手術をすすめられると思いますが、手術のリスクもあります。それに1回手術もされています。次の手術も上手くいくかどうかわかりません。それよりもトレーニングです!」

病院はすべてのことができる訳ではないんですよね。

トレーニングをして、それでダメだめだったら、プリズム矯正量を増やす。

それでもダメだったら、手術を検討する。

が、私はベターだと思います。

「病院は危険なところでもある」ということを認識しておいてください。

不同視のかたからのご相談

40代の不同視 のかたからお電話でのご相談をお受けしました。

メガネ3本ぐらい作ったけど、具合が悪い。

掛ける努力をしているけど辛い。

眼科も五軒言ったけどダメ。眼科難民です・・・。

眼精疲労もあります。

どうしたらいいでしょうか?

といった内容です。

いつものように「実際に眼を見てみないとわかりません・・・」といったような返事しかできないのですが、できる限りのアドバイスをしました。

具体的に度数もおっしゃっていただけましたので、それに関するアドバイスもしました。

当方のアドバイスで状況が少しでも改善してくれればいいのですが・・・・。

40分ぐらいのお電話でのご相談でした。

もちろん、無料奉仕です・・・・。

たまたま店にお客様がいなかったので、対応できましたが、複雑なご質問はメールでお願いしています。

それで、不同視に関して、ちょっと一言。

不同視のかたの度数選びは大事ですけど、度数にとらわれすぎてもいけません。

不同視のかたは度数だけでなく、フレーム選びも大事なのです。

適切なフィッティング調整も必須です。

同じ度数でも「フレームや調整具合によって良くもなるし、悪くなることもある」ということですね。

ご質問のページ

当店HP「お問い合わせ」のページに

「当店をご利用、もしくはご検討を前提でのご質問にお答えしていきます。」

の文言を追加しました。

それは、

当店に寄せられる「お問い合わせ」は、「実際に○○様の眼を見てみないと何とも言えません・・・」とお答えすることが少なくないのです。

それでも「何とも言えない・・・」だけではなく、推測もまじえてできる範囲でお答えしていくのですが、それがいいのかどうか・・・・。

技術者によって考え方もマチマチだし、それぞれの流派もありますから、私の答えがよけいに相談者のかたを惑わす結果になるのではないかと危惧もします。

それに、

お答えするために、当方から色々とお尋ねすると「・・・・・」もあるし、お答えしても「・・・・・」。

せめて一言おっしゃっていただければ・・・・。

という訳で、原則上記のご質問にお答えするようにしていきます。

ま、原則は鉄則ではないので、本当に困っているかたで、マナーを守っていただけるかたのご質問にお答えすることはやぶさかではありません。

ブラインドを新しく

ブラインドを新しくしました。

Dscn05301

これだけで、店内が明るくなったようです。

といっても、店は節電のため照明は少なくしているので、気持ちがいい明るさということで・・・・。

ブラインドは紐や回転棒が痛みやすく、紐交換は何度か自分でやったのですが、中々面倒です。

それで、「ロールスクリーン」も検討したのですが、ロールスクリーンは角度の調製ができないので、却下しました。

(角度の調製が必要ない出入り口だけは、ロールスクリーンにしました)

保護メガネ 大きいサイズ

保護メガネ(ゴーグル)の入荷です。

Dscn05291

大きいサイズと普通サイズです。

大きい保護メガネは、サバイバルゲームや草刈りにお使いください。

普通のメガネも大きい保護メガネの中に入ります。(入らないメガネもあります)

普通サイズは、各種スポーツの時に使用できます。

スポーツの危険から目を守りましょう。

8月18日、19日 休みます

メガネのハマヤは8月18日(木)、19日(金)と連休(夏休み)をいただきます。

夏に連休をするのは、5年ぶりぐらいです。

この5年間、夏休みもとらず、一生懸命に仕事を頑張っていました・・・・

ま、夏休みをとらなかった理由は子供たちが親元を離れたからですね。

夫婦二人で遊びに行っても疲れるし、それなら冷房のきいた店で仕事をしていたらマシか。仕事もたまらないしね・・・・。

で、今年夏休みをとるのは心境の変化?

いえいえ、休みをとる理由ができたからです・・・・。

斜位に関するお問い合わせ

斜位に関するお問い合わせをいただきました。

斜位を少しでも軽減したいです。

 トレーニングはどの程度やれば効果がありますか。

 やりすぎると、眼の障害になるリスクはありますか。

 外斜位と深視力検査の関連はありますか。

さて、斜位のご質問ですが、受診されました
眼科にはご相談されたのでしょうか?

当方では実際に○○様の眼位などを検査してみないと
ご質問に関してなんともいえません。

わかる範囲でお答えしますと、
通常、1△~2△の外斜位を矯正することは少ないですし、
トレーニングをすることもありません。

トレーニングしたからといって斜位そのものが消えることは
すくないです。(融像力は強くなる期待がもてます)

近見の6△も生理的外斜位で、通常それぐらいあるのは
普通です。

深視力に関しましては、深視力不良の原因が斜位に
起因することも少なくありません。
ですから、深視力が必要なかたには斜位の矯正を
することが多くなります。

当店HP,お問い合わせのページには、

他店お買い上げメガネの調製具合、見え方などのご質問に関しましては、お客様の目の状態、お顔の大きさ、フレームの状態などのデータが当方にはありませんので、お答えできかねます。(まず、お買い上げ店にご相談ください)

遠視、近視、乱視、老視などの度数調製や斜位、斜視の矯正に関することは、実際に目の検査をしてみないとお答えできかねる場合もあります。

視機能などのお問い合わせは、当店HPに掲載させていただく場合もあります。(個人が特定できないように、配慮します)
ご了承ください。

と、書いています。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

最近のトラックバック