« 夏休み | トップページ | 大きいウエリントンメガネ「ロックヒルズ」 »

ナイロールフレームのレンズが外れた

ナイロールフレーム と呼ばれているメガネフレーム。

Dscn05371

メガネの下半分にリムがありません。(ですから「ハーフリムフレーム」と呼ばれたりもします)

ナイロールフレームはシンプルでありながら、メガネの楽しさを表現できるフレームです。

しかし、フルリムフレームに比較して強度的にやや弱い面もあります。

レンズを保持しているテグスが切れることもあります。

(テグスは切れても交換はできます)

また、テグスが伸びてきた場合や、なんらかの力がレンズに加わると、レンズが外れることもあります。

Dscn05381


そんな場合、メガネ購入店に修理の依頼をしてください。

でも、直ぐにメガネ屋にいけない場合・・・・、

ちょっとしたコツがいりますが、簡単なヒモ(荷造り用のヒモなど)を使用して、ご自分でレンズを入れることが可能です。

Dscn05391

« 夏休み | トップページ | 大きいウエリントンメガネ「ロックヒルズ」 »

メガネ修理の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏休み | トップページ | 大きいウエリントンメガネ「ロックヒルズ」 »

最近のトラックバック