« セルフレームの磨き | トップページ | 眼科診断機器の進歩 »

生涯教育2016

日本眼鏡技術者協会から「生涯教育テキスト」が届きました。

Dscn06151


2016年の講座は

・視機能検査の実施法(その2)

・眼科診断機器の進歩

・フィッティング調整

です。

実力試験問題もあります。

本日は、視機能検査の実施法を勉強しています。

まとめとして、

眼鏡を物品として扱うメガネ店とは違うメガネ店も消費者にとって必要である。

どちらのメガネ店を選ぶかは消費者である。

と、書かれています。

消費者が技術のあるメガネ店を選びたい場合。

日本眼鏡技術者協会の会員店だから安心・・・・ではないですね。

会員店でも技術を放棄して、通販(物品販売)をしているメガネ店もありますからね。

では、どうするか・・・・。

今は、HPなどを参考に真面目に勉強しているメガネ店を探すことは可能です。

ブログをこまめに更新することも真面目(やる気)材料の一つでしょうか・・・

« セルフレームの磨き | トップページ | 眼科診断機器の進歩 »

メガネの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« セルフレームの磨き | トップページ | 眼科診断機器の進歩 »

最近のトラックバック