« 眼底カメラ | トップページ | 眼鏡もどきが氾濫 »

フィッティング調整とは

日本眼鏡技術者協会「生涯教育 2016」より

●フィッティング調整

フレーム装用状態の使用者の頭部をデジタル撮影し、それをパソコンなどで解析して、眼鏡製作のための寸法諸元を求めようという画像計測システムが導入されはじめた。

当店は今のところ、このシステムは導入していません。

それは、まだまだ問題点が多いからです。

100%正確に測定できる訳でもないし、人それぞれに見方のクセもあります。

メガネの掛け方によっても、誤差がでてきます。

それに、なにより中途半端なそのデータを調製眼鏡にどう生かすか・・・・がイマイチわかりづらい。

ま、もちろんこういう器械はユーザーへのデモになり、満足度はアップするでしょう。

その器械を上手に宣伝すれば売上アップに繋がるかも知れません。

でも、結局はフィティング調整 は技術者の腕です。

今後もおそらく自動でフィッティング調整をする器械はでてこないでしょう。

調整下手な技術者がいくら良い器械を使っても、それは多分ペケのメガネになります!

« 眼底カメラ | トップページ | 眼鏡もどきが氾濫 »

メガネの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 眼底カメラ | トップページ | 眼鏡もどきが氾濫 »

最近のトラックバック