« セルロイドフレーム | トップページ | 私用のメガネ 老眼鏡 »

私用のメガネ 遠近累進メガネ

自分用のメガネを作りました。

Dscn07551

フレームは丸メガネ研究会オリジナルフレーム「ピアストル

ピアストル』は、全体に軽やかで知的な雰囲気を醸し出すために、レンズを覆う部分や智や腕をかなり細く作ってあります。

ピアストルは、2サイズ(大きい方と小さい方)で、色はそれぞれ3色づつ。
どれも落ち着いた色で、伝統的な雰囲気を尊ぶ丸メガネによく合った色です。

腕も個性的で、いろいろな顔の大きさに対応できるよう、フィッティング性能を向上させつつ弾力性を持たせてあります。
それでいて、ブリッジ(中央部の棒パーツ)は、しっかりとした堅牢性を保持。その秘密は、伝説の高級素材「サンプラチナ」にあります。

レンズは遠近累進レンズ、「ルティーナ  レゾナスHX」

ルティーナは、従来の一般的な眼鏡レンズにおける400nmまでの紫外線をカットする機能に加え、さらに400~420nmの光をシャープにカットする機能を持っています。

400~420nmの光は、ルテインとリポフスチンの光吸収特性がオーバーラップする波長範囲であり、効果的に活性酸素の発生や、ルテインの劣化を抑制します。

 また、400~420nmの光は、可視光の中でも感度の低い波長であり、暗所視機能の低下や、最近研究が盛んにおこなわれているサーカディアンリズムへの影響も少ない波長です。何より、レンズへの着色が最小限に抑えられています。

 ルティーナを日常的に装用することは、サプリメントを摂取するように、眼を健康に保つ効果が期待できると考えます。

 東海レンズHPより

ルティーナはメガネ屋仲間が

いや驚くほど 眼の奥が楽です!

全て・・このレンズでOKです。 
サングラスはもう不要ですね。
そして 寝付きも非常に早くなりました!

と言って紹介してくれたレンズです。

実際に私が1週間ルティーナを掛けてみて・・・・。

夜中にトイレにおきることがなくなりました。

ルティーナとの関連はハッキリしたことはわかりませんが、なんらかの効果があったということで・・・。

まぁ、こういうレンズの効果は個人差がありますからね・・・・。

眼や体の健康を気にするかたには、おすすめしたいレンズです。

« セルロイドフレーム | トップページ | 私用のメガネ 老眼鏡 »

メガネの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« セルロイドフレーム | トップページ | 私用のメガネ 老眼鏡 »

最近のトラックバック