« たべたのだあれ | トップページ | 強度近視のかたのメガネ「シャノアス」 »

複視の事例 9

複視の事例9 」をアップしました。

http://hamatami.cocolog-nifty.com/diary/2016/06/post-222a.html

ある日、朝起きたらモノが二つに見える。

この世界、この恐怖、「スワー、何がおきたのだ!どうなっているんだ・・・」

マトモに歩けないし、車の運転などは事故を起こしにいくようなものだ。

そんな絶望的な気持ちで、どうにか眼科に行く。

でも眼科では「ウーン、複視の原因はわかりませんね・・・」と。

「原因がわからないので、対処のしようもありません。様子を見ましょう」と。

「なんだよ、それは」絶望的な気持ちが深まるばかり、

複視のままで、様子を見ていては重要な仕事ができないよ。

仕事は や す め な い の 

なんとかしてくれるのが病院じゃないの!

いえいえ、病院がすべてのことができるわけではありません。

複視を解消するための光学的対応として「プリズム眼鏡で矯正」という方法があります。

プリズム矯正は手術と違って、安全な対応方法です。

でも眼科は手術は専門であっても、光学的対応は苦手な面があります。

手間暇がかかるメンタルな対応も忙しい眼科では難しいでしょう。

それに突然複視は一過性のこともあるし、自然治癒することもあります。

もし眼科がプリズム処方をしたとしても、眼位の変動が予想されます。

プリズム値が変わるたびに「無料で交換してくれるメガネ屋で・・・」と言うのもおっくうでしょうね。

そんなことで「様子を見る」という対応になったのも仕方ないかも知れません。

原因不明の外眼筋麻痺は脳のトラブルも考えられます。

プリズム眼鏡で眼位を整えることにより、脳の混乱が少なくなります。

脳に働きかけるのがプリズム眼鏡です。

メンタルな部分もケアしていくのが、眼鏡士です。

なお、突然に複視になったかたは、まずは眼科か脳外科を受診してください。

 

« たべたのだあれ | トップページ | 強度近視のかたのメガネ「シャノアス」 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« たべたのだあれ | トップページ | 強度近視のかたのメガネ「シャノアス」 »

最近のトラックバック