« 眼鏡本 | トップページ | シンビジウム 「福娘」 »

深視力と遠視

深視力 の弱いかた、深視力検査が苦手なかた・・・・。

メガネで矯正しても視力そのものが弱いかたもいます。

視力が弱いことを「弱視」と言います。

弱視の原因に、「遠視性不同視 」があります。

不同視でも、視力に影響しやすいのは、近視性よりも遠視性の不同視です。

近視性不同視ならば、右眼で遠方を見て、左眼では近方を見るというような使い分けシステムも存在しています。

近見時に近眼が強いほうの眼にもピントを合わすことが可能なので、弱視にはなりにくいです。

(強度近視性不同視は、弱視になりやすくなります)

一方、遠視性不同視で遠視が強いほうの眼は、近見時にも網膜に鮮明な像が結びづらくなり、弱視や斜視になりやすいです。
もし、視機能発育期間である臨界期(約9歳ぐらいまで)に適切な矯正がされないと、一生後悔することにもなりかねません。

先日も子供のときに遠視性不同視だったかたが、深視力メガネをお求めにご来店されました。

このかたは、視力がいいほうの目を時々遮蔽する「アイパッチ治療」などをされていたそうですが、治療途中で具合が悪いからやめられたそうです。

それで、成人しても片眼の弱視が残ったままになっています・・・・。

片眼の視力は良好なので、通常は不自由はないのですが、「深視力が必要」な場合などにとっても困るのです。

いや、それだけではありません。弱視になると両眼視機能の問題も起きやすくなります。

そうすると、日常生活にも支障をきたす恐れも出てきます。

交通事故に遭う危険性も高くなります・・・・。

弱視になるといいことはありません。

親御様には弱視にならないように「子供の遠視 」にもっともっと関心を持っていただきたいです。

子供の遠見視力及び「近見視力」検査で、問題のある遠視を発見することができます。

遠視は、「遠見視力は良好だが、近見視力が弱い・・・」場合もありますので、より近見視力に関心を持ってください。

幼児からの視力検査キット「たべたのだあれ

« 眼鏡本 | トップページ | シンビジウム 「福娘」 »

深視力の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 眼鏡本 | トップページ | シンビジウム 「福娘」 »

最近のトラックバック