« 2017年 ウエリントンフレーム | トップページ | 年頭所感 »

町の魚屋さん

高知新聞に「いの町 鮮魚店がブース」の記事が載っていました。

記事によりますと、

昨春延伸した高知西バイパスの影響で交通量が減った町中心部に少しでも人の流れを呼び戻そうと、同町の鮮魚店が土曜日の昼に「立ち食いコーナー」を設ける。

とのことです。

魚は目の健康にはもってこいです。

特に青魚にはDHAが含まれていますから、眼精疲労の改善も期待できます。

目の健康にいいということは脳機能の活性化も期待できますから、特に頭を使うかたは肉よりも魚をたくさん食べたほうがいいと思います。

魚を食べることにより、いの町が活性化できたら、言うことないですね。

なお、町の鮮魚店は近所の店「魚兼」さんで、いつもカツオでお世話になっている店です。

私はカツオには目がないですから、刺身は魚兼さんで購入します。

スーパーのカツオとは一味違うと思います。

メガネ屋もそうですけど、魚屋も餅は餅屋でしょうね・・・。

« 2017年 ウエリントンフレーム | トップページ | 年頭所感 »

いの町の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2017年 ウエリントンフレーム | トップページ | 年頭所感 »

最近のトラックバック