« 眼鏡技術専門学校 9 | トップページ | 眼鏡技術専門学校 10 »

複視の矯正

交通事故で原因で複視 になったかたが再来店されました。

「フレネル膜メガネ(プリズム入り)メガネを掛けていると頭が痛くなります・・・」と。

再度、眼位検査をしますと、前回と眼位の大きな変動はありません。

しかし、麻痺性の斜視で眼位は不安定です。

視線の持っていきかたで、複視が発生する現象もあります。

ですから、おっしゃる通りそのストレスで片頭痛の症状が出ている可能性があります。

こんな場合どうするか・・・。

麻痺眼を遮蔽 することも一つの方法なのですが、このかたはその方法は望んでいません。

また、遮蔽は大きなデメリットになる可能性もあります。

それで、やはりフレネル膜プリズムで矯正することになりました。

方法は「基底を変更する」です。

フレネル膜は、そういう細工ができるのです。

膜を貼りなおすということなのですが、微妙なさじ加減が必要です。

「あ、これぐらのほうがよさそう・・・・」という基底方向で試していただくことにしました。

今後、プリズム度数の大幅は変更も予想されます。

今回、当店で処方したプリズム度数ですから、お客様との共同作業で対応することができます。

(ご持参された眼鏡処方箋度数通りに作る方法もあったのですが、当店処方で調製することで、いろんな対応がスムーズにできます)

« 眼鏡技術専門学校 9 | トップページ | 眼鏡技術専門学校 10 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 眼鏡技術専門学校 9 | トップページ | 眼鏡技術専門学校 10 »

最近のトラックバック