« 複視の矯正 | トップページ | 高品質なナイロールフレーム »

眼鏡技術専門学校 10

病院研修 3

幼児の視力検査は、みっちりやりました・・・。

それだけ「幼児の眼は大事」という面もあるのですが、幼児の視力検査は一筋縄ではいきません。

普通に視力検査をしたのでは、小さな子供は取り合ってくれませんので、子供に負けないように力が入ったということでしょう・・・。

「これは、どの方向がきれていますか?」なんて言っても、ま、無駄です。

Dscn10821

視力検査の意味もわからないし、興味もないので、

しら~ん、顔をしています。

「こら、答えんかい!」なんて言ったら、視力検査は二度とできないでしょうし・・・・。

どうすれば、より正確な視力検査ができるか。

そうだ、やはり子供にも「目」だ!

子供の目せんになって、視力検査というゲームをしなくちゃね。

ゲームをするには友達になるしかない。

私(研修生)が大人の先生ではまずいのです。

ということで、一緒にお絵かきをしたり、仲良くなってから視力検査をすることにしました。

すると、そっぽを向いていた子供も視力検査ゲームの相手をしてくれるようになりました。

フムフム、時間はかかったけどこのゲーム勝ちやね・・・・・

なお、幼児の視力検査は、通常の視力表では読み分け困難(視標と視標の間が近いと読みにくい)になる場合もあります。

ですから、「字ひとつ視力表」で、視力検査をします。

Dscn10831

ランドルト環の模型を持ってもらって、「同じ形にしてくれるかなー・・・」なんてこともやっていたように思います。

Dscn10841


あの頃、「ドーナツ視力検査 」があったら、もう少し楽にスムーズに視力検査ができていたでしょう・・・。

« 複視の矯正 | トップページ | 高品質なナイロールフレーム »

日本眼鏡技術専門学校の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 複視の矯正 | トップページ | 高品質なナイロールフレーム »

最近のトラックバック