« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

鼻パッドのないメガネフレーム

鼻パッドのないメガネフレームが入荷しました。

Dscn12281

鼻パッドがないので、鼻にメガネ跡はつきません。

女性のかたにおすすめです。

鼻パッドがないかわりに、頬骨の上にのせるアームがあります。

このフレームは、アームの調整や、耳まわりのフィティング調整が重要になってきます。

また、「どんな顔の人にも合う」というものでもありません。

実際に当店にてお試しください。

遠近両用レンズのレイアウト 5

遠近累進両用レンズのレイアウト。

「高さのレイアウト」も重要になってきます。

Dscn118911

「遠用アイポイントを天地のどの位置に設定するか」です。

高いレイアウトは主に近見重視、低いレイアウトは遠見重視。となります。

通常、一般的な高さで調製することが多いのですが、使用目的や見方のクセなどによって設定していきます。

累進帯長(遠用部から近用部まで)の長さ(タイプ)によっても、高低を検討します。

フレームの天地幅も考慮に入れます。

レイアウトの水平方向は、左右のPD(瞳孔間距離)に合わせてレイアウトしていきます。

同じく垂直方向も左右眼の高さの違いに合わせて設定します。

この場合、フィッティング調整で左右同じ高さに設定できる場合もあります。

というか、そうすることが多いです。

高さレイアウトに関しては、眼鏡処方箋で高さを指定している処方箋は見たことがありません。

なので高さレイアウトは自由にできます。

でもそれも考えてみればオカシイです。

だって、高さのレイアウトがマズイとペケのメガネになる確率が高くります。

そんな重要なことが自由だなんて・・・・。

ま、その点は「メガネ屋を信頼している」ということかも知れませんが、それなら「度数調製からレイアウトまで」まかせていただきたいですね・・・。

遠近両用レンズのレイアウト 4

遠用 瞳孔距離 60mm

近用 瞳孔距離 57mm

と、瞳孔距離が書かれている眼鏡処方箋

眼科発行の眼鏡処方箋で遠近累進メガネを調製する場合、「近用 瞳孔距離 (PD)」の問題もあります。

遠用瞳孔距離と近用瞳孔距離の差は「インセット量」もしくは内寄せ量」と呼びます。(HOYAレンズ)

このインセット量はレンズ設計によって、異なります。

① 度数によって、内寄せ量が変化するもの。

② PD、遠用度数、加入度数の定義によってインセット量が変化し、必要に応じてインセット量を指定できるもの。

のレンズがあります。

メガネ店で①設計の遠近累進両用レンズをメーカーに注文するときは、

------------------------------------------------------------

遠用度数 

右 球面 +1.00 円柱ー0.75 軸 180  加入度数 2.00

左 球面 +1.50 円柱ー1.00 軸 180  加入度数 2.00

瞳孔距離 右眼29mm 左眼31mm

------------------------------------------------------------

と注文します。近用PDを書く必要もないし、書けばややこしくなるだけで意味もありません。

しかし、眼科は遠近累進の処方であっても、「近用瞳孔距離」を指定してきます。

これは何を意味するものか・・・・?

おそらく近用度数(老眼鏡)で単焦点レンズで作るときの瞳孔距離を書いているものだと思いますが、いまいちハッキリしていません。

眼鏡技術者は戸惑うばかりです・・・・。

だから、たいていは近用瞳孔距離は無視して、調製することになります。(当店は)

もし、眼鏡処方箋の瞳孔距離通りに作るとなると、必然的に②番のレンズになります。

----------------------------------------------------

遠用アイポイント  右 30mm、左30mm

インセット量     右 1.5mm 左 1.5mm

-------------------------------------------------

と注文します。

これで処方箋記載の瞳孔距離と辻褄は合うのですが、実際に掛けるメガネとの整合性が合わなくなる可能性が高くなります。

それは頂間距離(眼とレンズとの距離)、目的距離によっても内よせ量が個々に変わるからです。

つまり、遠近両用メガネのレイアウトは「フレームによっても変えないといけないこともある」ということも言えるのです。

眼科処方箋との辻褄合わせを優先するか、遠近累進レンズの性能を最大限発揮するためにレイアウトするか・・・・。

つづく

眼鏡技術専門学校 20

下宿の部屋は自炊ができるスペースもないので、ほとんどは外食ですませました。

いきつけの店は「若草」という店で、「おばはん」(私はそう呼んでいました)が一人で営業していました。

席はカウンターのみで、5、6人入れば満員のこじまりとした店です。

店は常連の客しかこないので、この店でいろんな人と知り合いになりました。

徳島出身のすし屋のたっさん、北海道出身の空手やのケンシ、雀士のやっさん・・・など。

みんな個性的で、おもろい人間臭い連中でしたね。

おばはんもおもろい人で、典型的な大阪のおばはん!という感じです。

おばはんの出してくれる食事は美味しくて、食の面では恵まれた生活をしていました。

若草に集まる連中で、いちご狩りに行ったこともありました。

おもろいといえば、若草の隣にいきつけの銭湯があったのですが、その銭湯の名前が「ちんまん湯」でした。

なんちゅうネーミングや!

やはり大阪ちゅうところはおもろいわ・・・・

貸出用フレーム

Dscn12001_2


このメガネフレーム、いろんな形のレンズを入れることができます・・・・。

正確には「挟むことができます」です。

レンズを鼻側の一か所で挟み込んでいます。

その構造だから、「たいていのレンズはOK」ということなのですが、それは欠点でもあります。

その欠点とは・・・・「安定しない、抜けやすい・・・・」です。

でもそれでいいのです。

このメガネフレームは、「貸出専用フレーム」で、メガネが壊れた時の緊急用フレームです。

なので販売はしていません。

ご了承ください。

遠近両用レンズのレイアウト 3

眼鏡処方箋の備考欄に書かれている

------------------------------------------------

眼鏡が出来ましたら一度ご持参ください。

-------------------------------------------------

「この文言が気になる」メガネ屋もいるでしょう。

それは、そうです。これは「調製したメガネを眼科でチェックします」という意味ですから、気にならないわけがありません。

それがおかしいことに、チェックをする側の眼科が遠近累進レンズのレイアウトに熟知していなかったらどうなるか・・・・。

あやふやにならざるを得ないでしょう・・・。

あやふやに「ま、いいでしょう・・・」と言ってくれるならまだしも、眼科指定店のメガネ屋で作ったメガネでなければ「このメガネは・・・・×××」と言うかも知れません。

そういうことが現実にあるわけです。

だから怖いのです。眼科医の言葉は重いですから。

繰り返し言いますが、眼科は病気を治すことが本職で、たいていは遠近累進レンズなどの光学的知識には疎いです。

度数はレンズメーターでなんとかチェックできても(それも難しいこともあります)、フレームに適したレイアウトが上手にできているかどうかをチェックすることは困難です。

それでも「遠近累進メガネも持参しなさい」と、おっしゃる。

現実と制度の乖離に苦しむのは、どこの業界でもあることか・・・・。

では、メガネ屋にフィティング調整をキッチリとしてもらい、そのフレームに適したレイアウトをしてもらうには・・・。

「遠近累進眼鏡が出来ても、眼科には見せません」というのも一つの方法です。

そうすれば眼科の顔色をうかがくことなく、安心して適切なレイアウトをすることができます。

もう一つの方法は、眼科にしっかりと伝えることです。

「レイアウトはメガネ屋さんにお願いしました」と。

でもこの方法は「けしからん!」と言われる可能性もあります・・・・。

つづく

遠近両用レンズのレイアウト 2

眼科発行の眼鏡処方箋で、遠近累進両用メガネを作るとき、

------------------------------------------------------------

遠用 

右 球面 +1.00 円柱ー0.75 軸 180

左 球面 +1.50 円柱ー1.00 軸 180   瞳孔距離 60mm

近用

右 球面 +3.00 円柱ー0.75 軸 180

左 球面 +3.50 円柱ー1.00 軸 180   瞳孔距離 57mm

備考

処方日付より2ヶ月経過の場合は再検査においでください。

眼鏡が出来ましたら一度ご持参ください。

----------------------------------------------------------------------

眼鏡処方箋は、このような仕様で書かれているものが多いです。

この処方でメガネを作る場合、遠用度数と近用度数との球面差を「加入度数」として調製していきます。

上記の例の加入度数は左右とも「2.00」に」なります。

加入度数は、レンズタイプ、前眼鏡度数、年齢、使用目的、適応能力、環境などを配慮に入れて、決定したほうがいいのですが、処方箋通りに作るとなると、そういうことはできません。

ま、度数のことは置いといて・・・・。

アイポイントの話です。

通常、遠近累進のアイポイントは左右別にPD(瞳孔間距離)を測定し、フレームに応じて左右別にアイポイントをとっていきます。(左右、同じアイポイントになることもあります)

Dscn0680

これが処方箋通り忠実に作るとなると、左右とも同じPDとして、右眼30mm、左眼30mmのアイポイントをとります。

しかし、それでは正確なレイアウトにならない確率が高くなります。

そもそも処方箋に記載されている「瞳孔距離」に合わせて、遠近累進レンズのレイアウトをしなければいないものなのか、ハッキリしていません。

単焦点レンズを調製するときは、「瞳孔距離に合わせてレンズの光学中心をレイアウト(

心取り)する」ということはハッキリしています。

遠近累進レンズの場合、単焦点レンズと同じレイアウトではマズイ・・・ということもハッキリしています。

なので、

「眼鏡処方箋に記載されている瞳孔距離は単焦点レンズ用だから、それは参考値で遠近累進レンズのレイアウトは自店で設定するのだ」と解釈するメガネ屋もいます。

もしくは、「そんなことはわかっているけど、眼鏡処方箋通りに作らないと、眼科に睨まれるのが怖い」と考えるメガネ屋もいます。

その気持ちもよ~くわかります。メガネ屋は弱い立場ですからね。

つづく

眼鏡技術専門学校 19

ちょっとアパート(下宿)の話。

私が住んでいた阿倍野区のアパートは、四畳半の広さでした。

もちろん風呂はありません。

電話もなし(呼び出し電話も)、洗濯は共同洗濯機が一台。

トイレ(便所)もありません。

部屋から離れたところに、共同トイレが一つあるだけです。

9人で一つのトイレです・・・・。

私は腹が子供のときから弱いので、トイレには苦労をした記憶があります。

いきたいのに、先客がいる・・・・ウグググ・・・・。

いつも朝は競争でしたね。

あいつより後に入ると鼻がもげそうになるぐらい臭い・・・・ウグググ・・・。

かといって、便意もないのに便所に陣取るわけにもいかない。

かくて朝はいつもやきもきしていたものでした。

山の花

4月20日(木) 曇り

ちょっと肌寒い一日。

山の頂上からのダウンヒルは寒かった・・・。

でも、山はまだまだ花を楽しむことができた。

Dsc00166Dsc00167Dsc00168

Dsc00169Dsc00170Dsc00171


この季節、山サイクリングは絶好調!











丸メガネ 金色

最近、金色(ゴールド)の丸メガネの動きがいいです。

先日も丸メガネ 一山 金色のお問い合わせがありました。

でも残念ながらご希望の丸メガネは完売していました。

メーカーにも在庫はありません・・・・。

人気の商品はメーカーが再生産してくれればいいのですが、そうすると売れない・・・こともあるので難しいところです。

ということで、問屋に「丸メガネ 金色 細手」を探してもらいました。

探したかいがあり、数本仕入れることができました。

Dscn11971

よかった、よかった。

眼鏡技術専門学校 18

眼鏡実習店は大きな店で、当時大阪では店舗面積当たり一番の売り上げがあったように思います。

メガネ調製は効率をよくするために完全分担作業でやっていました。

検査する人、接客する人、加工する人、調整する人・・・・。

検査する人だけでも4、5人いました。

もちろん、それだけ広い検査室があり、検査台も4、5台ありました。

加工機も4台あり、それがフルに稼働しても日曜日などは、追い付かないぐらい忙しかったです。

大阪ってところは、やはり「人がウジャウジャいる」と感じました・・・・・。

アルバイト中は接客を担当していましたが、実習期間は加工もさせてもらえました。

実習記録より ↓

--------------------------------------------------------------

手摺りをするとき、セル枠だと左右同じにできないと形がおかしくなる。

メタル枠だと隙間があいてしまう。

ここでは自動玉摺機を置いているので、手摺りはお客様の持参されたレンズを入れるぐらいしかない。

レンズが同じような形だと少し摺ったら入るが、全然形の違うレンズだと同じ形にするのに時間がかかってしまう。

まず、だいたいの部分をダイヤモンド砥石で荒削りして次にセラミック砥石で平摺りをしてヤゲンを立てる。

ヤゲンの角度は通常110°~120°となっているが、それは個人差があると思う。

まず、フロントの部分を合わしていく。そうすれば軸が狂わない。

次に横の部分、最後に下の部分を合わしていくのが良いと思う。

-------------------------------------------------------------

*ヤゲンとは、フレームリム溝に入れるために、レンズに山(逆Vの字)を立てることです。

こんな感じでレポートを書いていました。

とにかく忙しい店なので、加工もスピードを求められます。

実習生はその加工のスピードに驚かされます。

昔はガラスレンズをカット(かぎとる)する道具に「かぎ箱」と呼ばれる道具を使っていました。

Dscn11821 (眼鏡技術読本より)

このかぎ箱でメガネレンズをガリガリとかぎとっていくのですが、学校ではレンズは「垂直に近い傾きにしましょう」と教えられました。

Dscn11831

しかし、この店では「よくない例」ぐらいの傾きにして、もの凄い速さでレンズをかいでいきます。

その手の動きは、神業に見えました。

レンズを寝かせた状態で、レンズによってはスピードを加減しつつ、乱視レンズにも配慮し、しかも正確にかいでいきます。

後に、私も神業(らしきもの)を身に付けるのですが、今はその神業はまったく役には立っていません・・・・

遠近両用レンズのレイアウト

遠近両用レンズ(累進レンズ)のレイアウトで使用するものです。

Dscn11881

近方視の時にレンズの近用円に視線が入っているかどうかをチェックします。

メガネにレイアウトシールを貼って確認します。

Dscn11891

アイポイントは、瞳孔間距離(PDと言います)に合わせます。

PDはPDメーターで正確に右眼、左眼のPDを測定します。

Dscn11981

右眼、左眼というのは、鼻の中心からの距離です。

左右で同じかたもいますが、たいていは左右眼でPDは違ってきます。

左右眼の違いに合わせて、レイアウトをしていきます。

遠近累進レンズはレイアウトがマズイとペケのメガネになることもあるので慎重にやります。

眼科処方箋で遠近累進レンズを作るときもレイアウト は当店で設定します。

しかし、レイアアウトを正確にするということは、「眼鏡処方箋通りには作らない・・・」ということも多くなります。

ユーザー本位で考えるか、はたまた眼科本位でいくか・・・メガネ屋の葛藤するところですね・・・・。

眼鏡処方箋に「レイアウトはフレームに応じて、メガネ店で設定してください」と記載してくれれば、そういう葛藤はしなくてすむのですが・・・・。

つづく

メガネのことはメガネ屋に

「メガネを作りたいので、眼鏡処方箋を書いてください」

「書いてもいいのですが、そうすると眼鏡処方箋通りにメガネを作らないといけませんが、それでもよろしいか?」

「あーそんなんですか。いつも行っているメガネ屋さんに微妙な調整もしてほしいので、それではマズイですね・・・」

という感じの会話を眼科でしました。

というお客様(お得意様)がメガネ作りご来店されました。

もちろん、眼鏡処方箋は持参されていません。

当店で詳しく検査をし、前眼鏡と見え方の比較などもしていただきました。

結果、ご希望に沿えるメガネ度数がご提示できませんでした。(視力そのものが弱くなっているため)

なので、メガネ調製は見合すことになりました。

もし、これが眼鏡処方箋を持参されますと、ややこしいことにもなることもあります。

基本的に眼鏡処方箋は尊重しなければいけません。

でも、「処方箋通りに作ったが見えづらい。さてその責任は・・・」となることもあります。

今回、ややこしいことにならずにお客様もその点ではご満足いただけたと思います。

当店の売り上げに繋がらなかったのは残念ですが、お客様の利益(心情的に)にはなりました。

「メガネ調製はメガネ屋さんに相談してください」という眼科が増えてくると国民の利益に繋がると思います。

眼鏡技術専門学校 17

眼鏡店実習先は、某百貨店メガネ売り場になりました。

病院研修先は地理的条件などを基に決められました。(多分)

だけど眼鏡店実習先は住まいの近くでもありません。

もっと近くに実習店もあったのに・・・。

なぜここなの?

だって実習先のメガネ店で私はもう働いていたのですから・・・・アルバイトとして。

メガネ店が私を指名したのだろうか、それとも偶然か。

社員のかたとは気心がしれていますから、気楽に実習ができる面はあったのですが、反面独特の緊張感は体験できなかったですね。

Dscn11501

眼鏡学校を卒業してからも、某百貨店メガネ売り場での修業は続くのでした・・・・。

仁淀川町で遊ぶ

4月13日(木) 晴れ

今週、浜田 清と久美は仁淀川町 に出没。

上久喜の花桃と大度ダムの桜を眺める。

どちらも素晴らしい出来栄。

上久喜は平日なのに人が一杯。

高知にも人間は沢山いるものだ!

149213386741614921338427461492133824429

14921338056651492133789131








ウスカルフレーム「キグ ボビン」

ウスカルフレーム「キグ ボビン 」の入荷です。

Dscn11721

Kigu Bobbin(キグ ボビン)という、このフレームの名称は、ミシンなどに使う部品のひとつのボビンから来ています。

このフレームの特長は、遠近両用に代表される、累進レンズなどを使うのに適した、上下幅の深めのレンズフォルムになっているところと、そうでありながら、極力スマートに若々しく見えるよう配慮された各部パーツの選定にあります。

いの町 琴平神社 桜情報4

4月11日(火) 午後3時半

やっと天気が良くなってきました。

しかし、強風です。桜吹雪が舞っています。

Dscn11841

またたくまに桜絨毯に・・・・。

Dscn11851

これはこれでキレイですけど、花の命は短いなー・・・。

琴風亭の桜も、もう2、3日で終わりそうです。

Dscn11861



輪郭線の入り込み

近視度数の強いかたは、「顔の輪郭線の入り込み」現象がおきやすくなります。

Kitade211 <写真 ウスカル会HPより>

顔の輪郭線の入り込みというのは、そのメガネをかけた人を正面から見ますと、レンズの部分において細い顔があるように見える現象です。

この現象は見た目の違和感もありますし、またメガネの中に別の人物がいるような錯覚を覚えるかも知れません。

写真の人物が掛けているメガネ度数は、S-6.00Dという度数で、近視度数とすれば中度ぐらいですが、それでもこれだけ輪郭線が入り込んでいます。

これが同じフレームにS-10.00D入れますと、まったく別人になります。

表現は悪いですけど、宇宙人のような感じ・・・・になります。

なので、できるだけ輪郭線の入り込みは少なくしたいのです。(特の女性のかた)

メガネのイメージのためにも。

ということで、開発されたフレームが「ウスカルフレーム」です。

ウスカルフレームで、PD(瞳孔間距離)に適合するサイズで、頂間距離(目とレンズの距離)を短く調整することにより、輪郭線の入り込みを減少することができます。

Kitade231 ←上の写真と同じ度数、同じ屈折率のレンズをウスカルフレームに入れました。輪郭線の入り込みはほぼゼロです。

ウスカルフレームは開発されてから10年が過ぎ、商品も充実してきました。

お買い求めは「ウスカル会 」会員店のお店でどうぞ。

ボストンフレーム「マクシミル」

ボストンメタルフレーム「マクシミル  (オリジナル)」の入荷です。

Dscn11751

「マクシミル」は、レンズ下半分のデザインに中性的なラインを採用。
これにより男女問わず似合いやすいスタイルになっています。

累進レンズを入れて製作しやすい、をテーマにして設計されたボストンメガネフレームのモデルです。

従来のメガネフレーム全般に比べて「さらにフィッティング・調整を緻密にできるデザイン」として、曲がりを加えた「ウエイブ智」に、曲がりを加えた「ウエイブテンプル」を接続したという、こだわりのフレームデザインです。

レンズの入れ替え

ご使用しているメガネフレームにレンズのみ交換することもできます。(できないフレームもあります)

レンズが取り寄せ、もしくは特注という場合、その間メガネをお預かりできれば、新レンズを加工して直ぐお渡しすることができます。

でも、お預かりできない事情があることも少なくありません。

メガネが1本しかない、スペアのメガネは持っていない、とか・・・ですね。

そんな場合は、レンズが当店に届いた時点でご連絡を入れ、メガネを持ってきていただき、その場で加工にかかります。

これが、けっこうなプレッシャーになる事もあります。

それは失敗する可能性もあるからです。

加工機が誤作動する可能性もあるし、レンズにトラブルが発生することもあるからです。

フューマンエラーの可能性も・・・・・。

先日も、そういう事例がありました。

特注レンズで、お客様には1週間待っていただき、メガネをご持参いただいて加工にかかりました。

加工は順調に運び、度数の確認、光学中心の確認も終え、ホッとしていました。

最後にレンズをキレイに拭いて、ルーペでレンズのチェックをしてみると。

ガーン!微妙なコーティングエラーを発見。

Photo


コーティングエラー(剥げ)は蛍光灯の明かりで透かしてみないと見えないぐらいですが、

Dscn11671

これではマズイです。

お客様にお詫びをし、ひとまずはこのままで掛けていただき、(見る分にはほぼ問題ないので)再注文をしました。

あー、また1週間待ってもらわなくてはいけません。

このパターンが一番辛いです。

また、ご来店していただかないといけないし・・・・

プレッシャーも3倍ぐらいになります。

「次は絶対に大丈夫」という保障はありませんからね・・・。

幸い、再注文のレンズは問題なく、加工も無事終えました。

こんなこともありますし、いつメガネにアクシデントが起こるかもわかりません。

「メガネはスペアがあったほうがなにかと便利です!」当店にとっても。

いの町 琴平神社 桜情報3

Dscn11681   4月8日 午後3時

ようやく、ほほ満開です。

琴風亭の桜も

Dscn11701Dscn11711

今が見頃です。

今日は天気は悪いですが、雨に濡れる桜も情緒があっていいですね。

眼鏡技術専門学校 16

病院研修が終わり、ふたたび学校での授業が再開されます。

先生から生徒に・・・・・。

あー、病院のほうが良かったなー・・・と思いながら、

次は眼鏡店実習のためのメガネ調製講座。

Dscn11441

眼鏡学校では、メガネ加工はすべて手作業でしていきます。

レイアウト→レンズカット→手摺り

手作業で一から加工するなんて、加工器が進化した今では考えられないことですけどね・・・・。

(昔はガラスレンズが主体でしたから、そういうこともできたのですね)

今の時代でも手摺りのテクニックが必要なときもあります。その点は古い技術者・・いやベテランの技術者は得意でしょう。

西川花公園 3回目

4月6日(木) 雨時々曇り

またまた「西川花公園」へ。

いやー、まさしく桃源郷とはこのことです。

1491460403918149146046923714914605686271491460579532


素晴らしい、ワンダフル、ビューティフル、こじゃんとえいぜよ!

14914628710551491462885420

桜おこわ、桜風味のシフォンケーキも美味しかった。(^^♪

西川桃源郷は地域のかたのご尽力の賜物ですね。

来年もまた行きます。よろしくお願いいたします。




いの町 琴平神社 桜情報 2

Dscn11641

木によりますが、五分~八分咲き

琴風亭の桜は、

Dscn11651

二分咲き

今年は開花が遅かったので、4月中旬ぐらいまで桜が楽しめそうです・・・。

高知の人間は「東京より開花が遅れるのは悔しい・・」と言っているかたが多いです。

せめてそれだけは一番で・・・・という感じでしょうか・・・


眼鏡技術者選び

お電話でのお問い合わせ

「心臓がフタフタするので、プリズム入りメガネを作りました。それで良くはなったのですが、

二ヶ月ぐらいで具合がまた悪くなりました。それでプリズム量を増やしたメガネを調製しました。それは暫くは具合がよかったです。でもまた具合が悪くなりました。

これはプリズムを増やしすぎたからでしょうか・・・?」

ウーン、いつものように「実際のお客様の眼の状態を見てみないと何とも言えません・・・」とお答えするしかありません。

プリズムに関して詳しい説明をしようと思えば、相当な時間と労力がかかります。

それにプリズム矯正のすべてのことが解明している訳ではありません。

(すべての事がわかっている人間はいません。「わかっている」と言っている人はわかっているフリをしているだけです)

あくまで今までの経験則や知恵を駆使してプリズム矯正に取り組んでいます。

プリズム矯正で大変喜んでいただけることも少なくないのですが、ダメな場合もあります。

すべてにおいて言えることは「やってみないと100%のことはわからない」です。

これは、「絶対」でしょう。

ですから、「絶対100%大丈夫」、「絶対100%安全、安心」なんてものは存在しないと思います。

臨機応変にプリズムレンズを使うことが肝心です。

また、言えることは「眼鏡技術者選びは大事です」。

何でも相談できる眼鏡技術者を探してください。

肩凝りの原因は目!

高知新聞 「くらしの病院 クリニックガイド」より

整形外科のドクターが筋肉の凝り以外の「肩凝り」の原因について述べておられます。

最近多いのはパソコンやタブレット、スマートフォンのブルーライトを長時間浴びることによる眼精疲労です。また近視や遠視によるものもあります。 

 こういう場合は、一生懸命凝りのほぐれる運動をしても原因となる疾患の治療をしない限り良くなりません。

 すごく肩の凝るかたが眼鏡の度数を直して凝りがなくなったという話もよく聞きます。

はい、おっしゃる通りです。屈折異常、眼位異常は肩凝りや頭痛の原因になる恐れがあります。

屈折異常は、近視よりも遠視 乱視 のほうが問題が起きやすいです。

眼位異常では、外斜位よりも上下斜位や内斜位のほうが問題が起きる可能性が高くなります。

ですから肩凝りを改善するには、問題が起きやすい屈折異常、眼位異常は完全矯正をしたほうが望ましいです。

でも完全矯正をすることにより、違和感 を強く覚えることもあります。

メガネ調製の難しいところですね・・・・・。

最終的には何を優先するかでメガネ調製をしていきます。

なお、ブルーライトに関しては、「詳しくはわからない・・・」という感じです。

ブルーライトカットレンズを掛けると「目が楽になる」とおっしゃるかたもいますし、「あまり変化ない」とおっしゃるかたもいます。

そこらへんは個人差も大きいようです。

眼鏡技術専門学校 15

病院研修 8

私は「不同視 」という左右で屈折度数差が大きい眼です。

不同視は視機能異常になりやすく、私もそういう問題を 抱えていました。

それで、病院研修中にコンタクトレンズで矯正することにしたのです。

その頃は、良いほうの目(右眼)はほぼ正視だったので、屈折異常の強い左眼だけにソフトコンタクトレンズを入れたのです。

ハードレンズにしなかった理由は、片眼だけにコンタクトレンズを入れるので異物感の少ないソフトレンズにしたのです。

その後、どれぐらいコンタクトレンズを入れていたか・・・ハードレンズにもトライしてみましたが、結局コンタクトレンズはやめました。

理由は、

・やはり片眼だけの異物感を強く感じる

・手入れが面倒

・紛失する

などですが、片眼は遠くも近くもバッチリ見えているので、メリットVSデメリットでは、デメリットのほうが強くなります。

それにコンタクトレンズは少なからず角膜にダメージを与えるものだし、眼の病気になる恐れもあります。

また、コンタクトレンズでは眼位(視軸の向き)の矯正はできません。

斜位 もあった私にはコンタクトレンズは中途半端な矯正にもなります。

それやこれやで、メガネ屋になる予定の私はメガネでの矯正を試みることにしました。

だけど、メガネはメガネで日常的に掛けられるまでには、けっこう苦労しました。

不同視は辛いんですよね・・・

あー、子供のときからメガネを掛けておれば、こんな苦労はしなかったのに。

勉強もスポーツも、もっとできていただろうに・・・・

いの町 琴平神社 桜情報

いの町 琴平神社 桜情報

二分咲きというところでしょうか。

Dscn11471

琴風亭 周辺の桜 

Dscn11491 ←しだれ桜は咲いていますが、

他の桜は、一分咲ぐらいです。

乱視軸が違う?

お電話でのお問い合わせ。

「二つのメガネ店で検査をしたけど、二つのメガネ店では乱視の軸が違っています。どちらの店の乱視軸がいいですか・・・・」という内容です。

いつものように「お客様の目の検査をしてみないと、電話ではなんともいえません・・・」というお答えをしました。

でも「それはそうですね。わかりました」とご納得していただけることはありません・・・・。

で、乱視 の説明をし、少しのアドバイスもしました。

少しは参考になったでしょうか・・・・。

屈折度数、眼位に関しましては、検査方法、環境などにも左右されます。

単眼視検査と両眼開放屈折検査では乱視度数、乱視軸が違うことは珍しいことではありません。

また、不必要な調節介入は、乱視の検査に大きく影響します。

当店はテスト枠+両眼開放屈折検査で乱視の検査 をしていきます。

メガネフレームの丁番

メガネフレームの前枠とテンプル(腕)を繋いでいる箇所を「丁番」といいます。

Photo

丁番の中には、テンプルの動きがスムーズにできるように丁番座金(ワッシャ)が入っています。(チタンメタルフレームなどに)

Dscn11461

丁番座金が摩耗したりすると、前枠とテンプルの連結具合が悪くなり、ガタついてきます。

そんな場合は、丁番座金を交換することによって改善します。

ただし、丁番そのものが不良になっていた場合は無理です。

丁番座金にはサイズがありまして、フレームにピッタリと合うサイズを選ばないといけません。

でもフレームによっては、ピッタリサイズ座金を入れることに難儀することもあります。

丁番が変形していたりすることもあるからです。

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

最近のトラックバック