« 鼻から浮いているメガネ | トップページ | 日本の丸メガネ »

斜位検査

斜位 の検査に使用する視標です。

Dscn13031

ショーバーテストもしくはクロスリングテストと呼ばれています。

右眼に赤フィルター、左眼に緑フィルターレンズを装用して、斜位検査をします。

赤フィルターの右眼には赤色の十字が見えます。

Dscn13041

緑フィルターの左眼には緑色の円が見えます。

Dscn13051

もし、どちらかが見えていなければ、見えていない方の眼が「抑制 」している可能性が高いです。

赤が見えたり、緑が見えたり、チラチラ見えるのは「交互抑制」の可能性があります。

また、「抑制ぎみ」の可能性もあります。

この検査は、赤の十字が緑の円の中心に見えているかどうかをチェックします。

中心に見えていなければ斜位の可能性が高いです。

« 鼻から浮いているメガネ | トップページ | 日本の丸メガネ »

メガネ検査の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鼻から浮いているメガネ | トップページ | 日本の丸メガネ »

最近のトラックバック