« 高知の中華料理 | トップページ | 斜視と斜位は違います。 »

寄り目ができない・・・・

NHKためしてガッテン「疲れ目撃退! 本当の原因解明」を観ました。

「寄せ目ができない(できづらい)から疲れます」ということを放送していました。

これは、その通りです。

当店のお客様でも寄り目が苦手なかたは少なくありません。

専門用語では「輻輳不全」ともいいます。

では、なぜ寄り目が苦手になるのか・・・・。

苦手な人がなぜこんなに多いのか・・・・。

視機能に問題があるからでしょう!

成長期に高度な視機能が確立していれば、眼精疲労になる確率は低くなります。

確立していなければ、その逆になります。

だから、視機能のことも考慮に入れて、メガネ矯正はできるだけキッチリとしたほうがいいのです。

「キッチリと・・・」というのは、近視であれば基本は完全矯正。

そこから眼位(視軸の向き)を考慮に入れて、度数の調整をする・・・ということです。

でも、目先のことを優先すると、「無難な度数でいきましょうか・・・」ということになります。

無難な度数というのは目の弱体化に繋がる恐れもあります。

度数や眼位によっては「無難な度数=問題先送り」という面もあるということです。

放送では「重い疲れ目にはプリズム眼鏡を」と言っていました。

これもその通りです。

プリズム眼鏡を上手に駆使することにより、疲れ目改善が期待できます。

で、お決まりのように「プリズム眼鏡の処方は眼科へ・・・」と。

これはどうだろう・・・・。

プリズム眼鏡はプリズム矯正に精通しているメガネ屋にいったほうが「いろんな疲れ」が少なくなると思います。

« 高知の中華料理 | トップページ | 斜視と斜位は違います。 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高知の中華料理 | トップページ | 斜視と斜位は違います。 »

最近のトラックバック