« 某国会議員さん | トップページ | 近視の低矯正は・・・。 »

正視が理想

調節 輻輳 の関係が良好でないと、滑らかな眼球運動はでき辛くなります。

 

調節が動けば、輻輳が動き、調節が働ければ、輻輳も働きます。

 

理想の屈折状態は、やはり正視です。

 

正視であれば、調節と輻輳はバランスよく働きます。

 

しかし、近視の眼であれば、近見視は調節力は少な目、もしくはゼロですみます。

 

ということは、輻輳もおさぼりをしがちになります。

 

だから、「近視は外斜位になりやすい」傾向になります。

 

遠視はその逆で輻輳が働きすぎて「内斜位」になりやすいです。

 

つまり遠視も近視もできるだけ屈折状態を正視に近づけるように「完全矯正が望ましい」と思います。

特に、調節力が旺盛な成長期の眼は・・・・。

« 某国会議員さん | トップページ | 近視の低矯正は・・・。 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 某国会議員さん | トップページ | 近視の低矯正は・・・。 »

最近のトラックバック