« HPリニューアル ほぼ完成です。 | トップページ | 室戸だ、キンメだ! »

不同視のかた

事例

30歳代の「不同視」のかた。B様

5mでの完全矯正度数(両眼開放屈折検査)は、

R S-1.75D C-0.25D Ax155

LS-5.5D

(Sは近視度数、Cは乱視度数、Dは度数の単位、Axは乱視軸)

不同視のかたのメガネ矯正で、一番の問題は垂直方向のプリズム誤差です。

プリズム誤差に適応できる能力がどれぐらいあるか・・・・。

これは個人差も大きいし、環境や精神にも左右されます。

B様はくびや肩のコリがあり、片頭痛もあります。

不同視のかたは疲れやすいですからね・・・・。

それは私も不同視ですから、よくわかります。

それで、B様のメガネの調製度数をどうするか・・・・。

残念ながら前眼鏡をご持参されていなかったので、前眼鏡度数がわかりません。

それがわかれば、その度数を参考に調製度数を決めることもできたのですが・・・・。

ま、でも「相当に弱めて作った・・・」ということでしたから、おそらく視機能のことよりも「無難な度数」を優先されたのでしょう。

無難な度数は掛けやすい度数でしょうが「視機能が悪くなる」可能性が高くなる度数かも知れません。

通常、片眼の矯正視力が0.7ぐらいあれば遠近感覚などもそこそになるので、できればそこらへんを目指して矯正はしたいところです。

B様の場合、斜位もありましたので、おそらくそれもコリの原因の一つです。

装用テストなどの結果、

R S-1.50D

L S-4.00D

で調製することになりました。

この度数で左眼の矯正視力は0.4ぐらいでしたが、左右の度数差を考えると、「この度数から・・・」という処方です。

この差でも掛けづらいことも予想されますが・・・・。

今後、左眼の度数を段階的に強めていくのも一つの方法です。

« HPリニューアル ほぼ完成です。 | トップページ | 室戸だ、キンメだ! »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« HPリニューアル ほぼ完成です。 | トップページ | 室戸だ、キンメだ! »

最近のトラックバック