« 正視が理想 | トップページ | 道の駅 なかとさ »

近視の低矯正は・・・。

近視かたのメガネを低矯正で作る弊害は!

・調節力が弱くなる

・輻輳力が弱くなる

・遠くがスッキリ見えない

・遠近感が悪くなる

などです。

また、低矯正メガネで過ごしていると、度数の変化もわかりづらくなります。

視力の変化もわかりづらくなり、病的なものが発生した場合に、気づきが遅れることがあります。

このように弊害も多い近視低矯正ですが、完全矯正度数で作ることは少ないです。

それはやはり「正視が理想」といっても、レンズを通して物を見ることは刺激があります。

刺激はクレームになりやすい面があります。

だから「無難な度数でいきましょうか・・・・」となりやすいです。

商売的にもそうのほうが無難です・・・・。

でも、やはり視機能的には将来のことも考慮に入れて度数提示をしたほうが望ましいと思います。

メガネ屋は技術者でもあるのですから・・・・。

« 正視が理想 | トップページ | 道の駅 なかとさ »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 正視が理想 | トップページ | 道の駅 なかとさ »

最近のトラックバック