« 寄り目ができない・・・・ | トップページ | 当店HPリニューアル工事 »

斜視と斜位は違います。

NHKためしてガッテン「疲れ目撃退! 本当の原因解明」より。

「重い疲れ目にはプリズム眼鏡」を使う方法があります。

斜視の専門医に処方箋を発行してもらってください。

とのことです。

まず、斜視と斜位は違います。

プリズム眼鏡を必要とするのは圧倒的に斜位のほうが多いです。

ということは斜視の人は少なくて、「斜位の人は多い」ということです。

厳密に言えば、ほとんどのかたに多かれ少なかれ斜位は存在しています。

その斜位の方向や斜位量によって、疲れ目になったりします。

一番疲れやすいのは上下斜位です。

それは上下方向の眼の筋肉は融通がききづらく、柔軟性が少ないからです。

その筋肉に比較して、目を内側(鼻側)に引っ張る筋肉(内直筋)は比較的強いので、少々の斜位(外斜位)は通常問題が起きることは少ないです。

逆に内斜位のかたは問題が発生しやすいです。

いずれにしろ、斜位は上手にプリズム眼鏡を調製することにより、快適な視生活を送ることが期待できます。

で、「斜視」です。

斜視にもプリズム眼鏡を使用することもありますが、通常完全斜視のかたのプリズム眼鏡は無効です。

深い抑制が入っている目にプリズム眼鏡は意味がありません。

どころか、下手にプリズム眼鏡を掛けると複視になることもあります。

斜視の専門医は病気である「斜視」を診る専門医です。

病気ではない斜位をプリズム矯正するときは、

そのかたのメガネの使用目的、用途用法などにより、年齢、融像力、環境などを考慮に入れてプリズム眼鏡を調製していきます。

そんな手間暇のかかることが眼科でできるのかな・・・・?

「斜位の専門医」って標榜している眼科って少ないでしょう・・・・。

« 寄り目ができない・・・・ | トップページ | 当店HPリニューアル工事 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 寄り目ができない・・・・ | トップページ | 当店HPリニューアル工事 »

最近のトラックバック