« 「アイソトープ」 「プツリ」 | トップページ | 台風5号 »

不同視のかたのメガネ選びは・・・・。

不同視の場合、問題が発生しやすい現象は「プリズム誤差(作用)」です。

プリズム誤差によって、頭痛、眼精疲労、吐き気、目まいなどの症状がおきることもあります。

ですから、プリズム誤差はできるだけ少なくしたほうがいです。

でも、その目的で、度数調整をすることにより、両眼視機能が低下することもあるので、さじ加減も必要です。

では、プリズム誤差を少なくし、かつ両眼視機能が低下しないようにする方法は・・・・。

おまかせください!不同視の私が説明します。

そ れ は、光学中心でものを見ることです。

そうすればプリズム作用はおこりません!

と、まぁ、あたり前のことなのですが・・・・、

そのためには、フレーム選びが大事です。

不同視のかたは、できるだけ天地が浅め(短め)フレームを選んでください。

そうすることで、できるだけ光学中心を使わざるを得ないようにするのです。

しっかりと首を動かして、視線移動をしてください。

おすすめフレームは「ウスカルフレーム」です。

ウスカルフレームは天地の浅いフレームも多いです。

お客様のPD(瞳孔距離)に合わせて、フレームをお選びいただくこともできます。

不同視のかたには最適なフレームです。

« 「アイソトープ」 「プツリ」 | トップページ | 台風5号 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「アイソトープ」 「プツリ」 | トップページ | 台風5号 »

最近のトラックバック