« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

眼の老化 6

眼の老化は視力の低下につながります。

視力の低下は網膜から中枢までの機能の生物学低下が主な要因であり、光学的要因は少ないと言われています。

光学的要因は、

・紫外線カットのメガネを掛ける

・コンタクトレンズはしない

などで、ある程度予防できますが、生物学低下は予防のしようがない・・・・。

それはそうでよね。生物には寿命がありますから、機能が低下するのはやむを得ません。

まぁ、だけど80歳を過ぎても視力が1.0以上でるかたもおられますから、そのかたの生活習慣などを参考にさせていただきます。

私は現在60歳で、今のところ目に大きな問題はなく、矯正視力(メガネを掛けての視力)は1.0以上を確保しています。

もし、私の視力が80歳を過ぎても1.0以上ありましたら、私の生活習慣などを参考にしていただけますと幸いです。

眼の老化 5

眼の老化現象は、結膜にも起こります。

しわが出てきて、細菌も繁殖しやすくなります。

結果、「結膜炎」になりやすくなります。

眼の健康対策としては、

・紫外線から眼を守る

・眼を休める

・眼の血行を良くする

・眼に良いサプリメントとる

などがあります。

私は屋外にでるときは、必ず紫外線カットのサングラス、もしくはメガネを掛けています。

毎日飲んでいるサプリは「ニューアイリタン」。

いつも相談に乗ってもらっているいきつけの薬局は「松田薬局」さん。

眼もメガネもいきつけを持っておくことが眼の健康に役に立ちます。

大人の女性フレーム

大人の女性フレームの入荷です。

 

・エミネンス

Dscn14371

・ハビビ

Dscn14381

・ラインアート

Dscn14391

眼の老化 4

上眼瞼(まぶた)は、皮膚の弾性の低下がおきてきます。

表皮もたるんできます。

よって眼瞼下垂になる恐れがでてきます。

眼瞼下垂はコンタクトレンズ装用によっても悪化することもあります。

その点でもコンタクトレンズは30歳を超えたら、要注意です。

眼瞼下垂には手術・・・・という方法もありますが、手術はリスクもあります。

手術してもダメだったというかたもおられます。術後、痛みを伴うときもあります。

ですから、手術に関してはよく考えて、眼科医とじっくりご相談されてください。

当店では手術をしなくても、「メガネで矯正する方法」をご提案しています。

それがこちらの「クラッチグラス」です。↓

無料が一番大事という眼科 2

当店で眼位、屈折検査をし、メガネを調製した場合の責任は、当店とお客様の共同責任になります。

最終的に調製度数を決定するのはお客様です。

・慣れやすい無難な度数にする

・視機能が高くなる度数にする

・見やすい度数にする

などを選択していただきます。

もちろん、すべての面で良いほうがいいのですが、メガネの性質上どこかが良ければどこかが悪くなる面があります。

なので、度数選びも「どこを妥協するか・・・」の判断になります。

たとえば、斜位で視機能異常があり、眼精疲労のあるかたにはプリズム眼鏡をおすすめすることは少なくありません。

将来的なことも考慮に入れて、度数提示をしていきます。

プリズム眼鏡は視機能の向上、視力の向上、複視の解消などが期待できるのですが、違和感が発生することもあります。

その違和感は「掛け慣れる」ことによって気にならなくなるのですが、慣れる前に掛けることを断念するかたもおられます。

ウーン、残念!・・・・と思いますが、これもお客様の判断ですから仕方ありません。

なお、眼科発行の眼鏡処方箋でメガネを調製する場合、処方責任は眼科になります。

メガネ屋に処方責任はありません。(加工責任はあります)

眼鏡処方箋で調製したメガネのレンズを無料交換することは、メガネ屋が処方責任を取っているわけではありません。

あくまで商行為の一環として行っていることです。

メガネ屋が商行為を行うことはいいとして、眼科が商行為をしている特定のメガネ屋を指定することはオカシイです。

白内障術後に調製したメガネの具合が悪い

白内障術後のお客様。

今年2月にお客様のご希望で、眼科発行の眼鏡処方箋度数

  

右眼 S+0.25 C-1.00 Ax90 Add 3.00

左眼 S+0.75 C-0.50 Ax90 Add 3.00

でメガネを調製しました。

(S+は遠視度数、Cは乱視度数 Axは乱視軸、Addは加入度数)

調製後半年が過ぎ、「遠くも近くも見えづらい」とご来店されました。

検査をしてみますと、(5m 両眼開放屈折検査)

右眼 S+1.50 C-2.25 Ax90 

左眼 S+2.00 C-2.00 Ax100  眼位正常

でした。

2月に調製した度数とは、随分違います。

これでは、おっしゃる通り「遠くも近くも見えづらい・・・」です。

それで、当店処方で、

右眼 S+1.50 C-2.00 Ax90  Add 2.75

左眼 S+1.75 C-1.75 Ax100 Add 2.75   

の度数で作りなおすことになりました。

お客様曰く「最初からここで検査してもらったほうが良かった」と・・・・・・。

この件は、半年間で度数が大きく変化した可能性もありますが、処方度数がイマイチだったかも知れません。

いずれにしろ、眼鏡処方箋には調製度数(実際に作る度数)しか書かれていないので、「なぜ、この調製度数になったのか」などの詳細はわかりません。

もし、眼科が「メガネの調製(検査)は遠近両用メガネなどに熟知しているメガネ屋さんに」と言ってくれていたら・・・・。

当店は両眼開放屈折検査を駆使して、遠近両用レンズのタイプに合わせて度数を調製していきます。

処方度数の責任は当店とお客様の共同責任になります。

両眼開放屈折検査で使用するテストレンズ

屈折検査(両眼開放屈折検査)で使用する偏光テストレンズです。

Dscn14361
当店はほとんどのかたに、より自然な屈折検査「両眼開放屈折検査」を実施しています。

テストレンズは、予備のレンズも含めて濃度の違うものを複数枚用意しています。

より自然な検査はテストフレームを使用して、眼位検査までしていきます。

装用テストまでテストレンズ+テストフレームの組み合わせで検査をしています。

ま、もっとも装用テストはビジョンテスターではできません・・・・。

自然な検査は手間暇がかかるデメリットがありますが、「より精度の高い度数を検出できる」メリットがあります。

ビジョンテスター+接近ボックス視力表は、不用な調節がおきやすくなる組み合わせです。

テストレンズ

当店のテストレンズ、度数表示をわかりやすくしました。

Dscn14351

写真左下のテストレンズが今までの刻印表示。

この表示がどうも見えづらい・・・・・

それで、プラスレンズ、マイナスレンズ、乱視レンズ、プリズムレンズと色を変えてテープを貼ってみました。

これで見やすくなりました。

年がいけばいくほど工夫をしなければいけないことが増えてきます。

メガネ屋の知恵も増えてきます。

ウスカルフレーム「アドールⅡ」

ウスカルフレーム「アドールⅡ」が入荷しました。

サイズは40□22。

瞳孔中心間距離(PDといいます)58ミリ~62ミリの人向けです。

男性ならかなり小さめ、女性なら、やや小さめの顔の大きさやPDに適合するモデルです。

Dscn14321


Dscn14331

マサキ マツシマ 入荷

Masaki Matsushima 入荷しました。

Dscn14302

Dscn14311


無料が一番大事という眼科

白内障術後のお客様

眼科発行の眼鏡処方箋をご持参されました。

眼科からは「度数が定まらないので、レンズの無料補償があるメガネ店へいくように」と、指示をされたそうです。

いつものことですけど、これはおかしい指示です。

「症状が定まらないので、薬の無料補償がある薬店へいくように」って指示しますか?

眼科がメガネ店の商売のやり方によって、メガネ店を選択するなんて!

病気を治すことが本職の眼科なら「技術の良いメガネ店へいくように」とアドバイスをするべきではないですか!

それがどうしたことか、いつのことやらメガネの内容などはおかまいなし。

無料無料とタダほど素晴らしいものはないと言い出す始末。

いっておきますけど、メガネ屋は商売で店をやっているのです。

無料補償するとしても、無料にしても大丈夫なような仕組みを作るだけですよ。

もしくは、眼科とのお付き合いで必要経費として捻出する店もあるでしょう。

ま、結局それも仕組みの一つで、最終的な負担はお客様にかかります。無料交換が何回も続くと・・・・。

眼科が言う「度数が定まらない、度数が安定しない・・」は、そういう理由もあるかも知れないけど、レンズ交換のほとんどが処方度数の不具合でしょう。

その不具合はレンズ無料交換で目立たなくなります。

それは眼科にとってはメリットなのかも知れませんが、患者さんにとってはデメリットになります。

「ダメだったらメガネ屋が尻拭いをしてくれるだろう・・・」という気持ちが働くと、いつまでたっても処方レベルは上がりませんよ。

メガネ屋で眼鏡技術者が処方するときは、時々痛みがあるから調製レベルは向上していくのです。(メガネ屋によりますが)

台風接近中

9月17日(日) 午後12時

台風18号が接近中です。

台風の暴風からガラスを守るために、プツプツクッションを貼りました。

Dscn14291

気休め程度・・・・かも知れませんが、気構えの意味で・・・・

Appl IDからのメール

こんなメールが届きました。

------------------------------

差出人 ApplID

件名 アカウントを保護する

----------------------------------

なんだか怪しい・・・・。

とりあえず開いてみると

-----------------------------------------------------------------

あなたのApple IDは、iPhone 7 PlusでFaceTimeとiMessageにサインインするために使用されました "BeenSekians"という名前の私たちは非常に真剣にセキュリティを取ると私たちはあなたを維持したいあなたのアカウントの重要な行動のループ、

----------------------------------------------------------------

なんじゃこりゃ、訳のわからない日本語・・・。

ますます怪しい。

-----------------------------------------------------------

これがあなたでない場合はここをクリックしてください

-----------------------------------------------------------

と、クリックを促すことも書いてある。

最後はこうだ!

--------------------------------------------------------
このリクエストをしなかった場合は、ここにサインインすることをおすすめします

-----------------------------------------------------------------

それでアップルに電話で問い合わせてみると、「そのアドレスは当方ではございません」とのことでした。

やはり・・・・。

最近、この手のメールがちょくちょく届くようになりました。

ヘンな日本語メールには要注意ですね。

新子も終わり・・・?

1505387624746


須崎で新子の情報を訊きました。

「今年は獲れるのが早かったです。7月から獲れていました。

その分、終わりも早そうです。今度の台風が来たら終わりでしょう・・・」

とのことです。

当方おそらく今年最後の新子を食べることができました。

眼の老化 3

瞳孔の大きさは年齢とともに変化します。

幼児期には小さく、成長とともに大きくなります。

成長期が終わると、ふたたび小さくなっていきます。

この現象は「老人性縮瞳」と呼ばれています。

縮瞳すると、焦点深度が深くなり視力は向上します。

また、光のチラツキ感などが少なくなります。

ですから縮瞳にもメリットがあるのです。

でも縮瞳しすぎると視力は低下する傾向にあります・・・・。

縮瞳しすぎないようにするには、「自律神経を整える」ことも大事です。

老人性縮瞳と自律神経線維は関係がありますから。

眼の老化 2

老化にともない眼球表面の潤滑が悪くなります。

涙腺の数の減少などが原因です。

ドライアイになることもあります。

・眼がゴロゴロする

・光がまぶしい

・眼の痛み

・視界がかすむ

・視力の低下

などの症状があれば「ドライアイ」の恐れがあります。

ドライアイの予防は、

・蒸タオルを眼の上にのせて休憩する

・意識的に瞬きを増やす

・ドライアイ用メガネを掛ける

などがあります。

コンタクトレンズの長期間装用により、ドライアイになることもあります。

コンタクトレンズは、30歳を過ぎたら控えめにしたほうがいいです・・・。

レーシック手術後にドライアイを発症することもあります。

レーシックはしないことをおすすめします。

眼の老化

さけて通ることのできない老化現象。

眼にも加齢によってさまざまな変化が起きてきます。

・角膜の老化

老化にともない角膜内皮細胞の数が減少する傾向にあります。

減少すれば、もちろん視力にも影響を及ぼします。

なので、少しでも細胞数が減らないように努めるようにしたほうがいいです。

といっても、加齢は避けようがない・・・・。

でも老化は遅らせることはできそうです。

食事、運動などの生活習慣に気をつける・・・・ことでしょうか。

また、コンタクトレンズは角膜にとっては異物です。

コンタクトレンズの長期間の装用で角膜内皮細胞が減少することもあります。

コンタクトレンズのせいで眼病になることもあります。

30歳を過ぎたら、コンタクトレンズは要注意です。

不思議な問題

9月7日(木)夕方に当地は激しい雷がありました。

そのせいかどうか、金曜日にメールの確認をしてみると不通になっていました。

インターネットも繋がりません。

でも同じ回線を使用している電話は問題なく使えます。

電話のルーターなどを電源を入れ直しても状況に変化はありません。

それで契約している通信業者さんに来ていただくことにしました。

結果、電話機器そのものに問題なく、業者さんいわく「ブロバイザーとの契約の問題です・・・」と。

「ブロバイザーとの契約がメールだけの契約で、インターネットは見られない環境です」と。

「今まで、普通にインターネットが見られていたのは、その前の契約がそのまま残っていたのでしょう」

「それが停電などのトラブルにより、本来のメールしか見られない環境になったのでしょう」と。

ウーン、なにがなにやらサッパリ分かりません。

そういうブロバイザーとの契約や設定は業者さんに任せていました。

私が「メールだけの契約でしてください」なんて言う訳ありません。

それなのに・・・・どういうこっちゃ!

とりあえず、ブロバイザーの設定を変更することにより、インターネットも無事できるようになりました。

メガネの勉強

2017年 生涯教育テキストが届きました。

Dscn14251


今年の講座は

・視機能検査の実施法(応用編)

パソコン作業時の視機能問題を勉強します。

・眼科学「点眼薬」

いろんな目薬の種類、副作用などの勉強をします。

・ハイカーブ眼鏡への対応

ハイカーブレンズへの対応、レイアウトなどを勉強します。

度数の変更をお願いされても・・・・2

「度数の変更をお願いするかもしれません」と書かれた眼科発行の眼鏡処方箋。(子供メガネ)

メガネ調製のための自覚的検査は、お客様の応答(返答)を必要とします。

応答があいまいなかたの検査は、不確定要素が大きくなります。

応答があいまいなかた・・・・そうお子様に多いです。

お子様に落着きを求めても無理というもので、真面目に検査につきあってくれるかたは少ないです・・・。

ですから調製度数の決定が難しくなる場合があります。

そんな場合、一回で度数を決めないで、複数回にわけて、コミニケーションをとりながら検査をしたほうがいい場合もあります。

http://hamatami.cocolog-nifty.com/diary/2017/03/post-3ee3.html

ただし、複数回にわけることにより、よけいに検査を嫌がる面もあるのですが・・・。

いずれにしろ小児の屈折検査は一筋縄ではいかないと思います。

でも難しい検査でも工夫と努力をすることにより、精度の高い検査が可能です。

興味がわけば、小児でもしっかり答えてくれます。

手間暇がかかりますが・・・・。

そんな手間暇がかからないように小細工・・・いや創意工夫したものが「度数の変更をお願いするかもしれません」の文言なのかもしれません。

度数の変更をお願いされても・・・・

「度数の変更をお願いするかもしれません」と書かれている眼科発行の眼鏡処方箋。

度数の変更、すなわち「レンズの無料補償」をするのかしないのかは、店の方針です。

レンズ交換の場合「割引」で対応している店もあります。(当店もそうです)

でも、割引という形を良しとしない眼科もいます。

眼科がメガネ屋の商売上の方針に優劣をつけるのはおかしいです・・・・と私は思います。

タダでメガネレンズの交換をしないメガネ屋をダメなメガネ屋ときめつける眼科。

そこには思惑が・・・。

割引では、「処方度数の不手際をカモフラージュしづらい・・・・」のかもしれません。

度数の変更をお願いするかもしれません。 2

「度数の変更をお願いするかもしれません」と書かれている眼科発行の眼鏡処方箋。(子供用メガネ)

これはひょっとすると、親切心で書かれたのかもしれません。

「メガネ屋さんが損をしないように対応してください・・・・」と。

なるほど、それならこの書き方に納得できます。

患者さんにも気付かれないように、価格の設定なりをすればいいのですね。

無料でレンズの交換をしても大丈夫なように。

いやー、親切な眼科さんもいたものだ。

でも、残念ながら当店にはおせっかいのようです・・・・。

度数の変更をお願いするかもしれません

「度数の変更をお願いするかもしれません」と書かれている眼科発行の眼鏡処方箋。(子供用メガネ)

はてはて、書かれている意味がいまいち不明です。

当方で度数の検査はしていないので、「度数の変更・・・」と言われても・・・・。

ま、おそらく「レンズの交換を無料でしなさい!」と言いたいのでしょう。

それならそれで、無料で交換しなければいけない理由を書いていただきたいですね。

患者さんにとっても、メガネ屋にとっても大事なことですから。

ま、もっとも当店は弊害の多い無料補償はしていないのですが・・・・。

そのことを親御様にご説明すると、親御様はなんとかご納得いただけました。

この説明、けっこう大変です。ご立腹されて、帰られるお客様もいます。

それは、そうです。「メガネ屋が無料でレンズ交換をするのは当たり前!」と眼科に言われているかたもいますから・・・・。

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

最近のトラックバック