« 賄賂 | トップページ | 無線LAN »

コンタクトレンズは危険なものでもあります。

高知新聞 「話題」に、

コンタクトレンズで角膜に傷ができ、1ヶ月以上入院した。

傷は治ったが、傷ついた視力は戻らない。

とのコラムが載っていました。

急に片眼視の世界になると、とても不自由だと思います。

まず、遠近感覚が悪くなります。

遠近感覚悪くなると、当然車の運転は危険です。

階段の昇り降りも怖くなり、平地でもつまずきやすくなります。

また、感覚の違いは脳が疲労しやすくなり、自律神経の乱れにも繋がる恐れも出てきます。

コンタクトレンズは便利なものであることは間違いないのですが、「角膜にとっては異物であり、危険なもの」でもあります。

そういうこともしっかりわかった上で、コンタクトレンズを上手に使用してください。

« 賄賂 | トップページ | 無線LAN »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 賄賂 | トップページ | 無線LAN »

最近のトラックバック