« プリズムレンズとフレネル膜プリズム | トップページ | プリズムレンズ・・・にもなるレンズ »

多面プリズムバー

斜位があれば、斜位の矯正をしていきます・・・・といっても積極的な斜位矯正は全体(当店検査での)の2割~3割ぐらいでしょうか・・・・。

それだけ斜位は珍しいものではなく、厳密に言いますと、ほとんどのかたに斜位(生理的なものも含めて)は存在しています。

ですから、「あなたは斜位です」って言われても、たいていは心配いりません。

 しかし、斜位は眼精疲労の原因や自律神経の乱れに繋がることもありますから、斜位は要注意でもあります。

特に上下方向に斜位があるかたは、疲れやすいです。その方向の眼の筋肉の作用が弱いからです。

なので、上下方向の斜位を見逃すと、ペケのメガネになることもあります。

言い換えれば、上下斜位をキッチリと矯正することにより、素晴らしいメガネになることもあります。

「今までの不具合がうそのようだ・・・・」とおっしゃっていただくこともあります。

そんなやっかいでもあり、プリズム矯正の成功率も高い上下斜位ですが、もちろんのこと正確に検査しないと適切なメガネになりません。

当店は適切なプリズムメガネにするために、さまざま工夫もしています。

その中のひとつが「多面プリズムバー」です。

Dscn14811


このプリズムバーを駆使して、丁寧に眼位検査をしていきます。

« プリズムレンズとフレネル膜プリズム | トップページ | プリズムレンズ・・・にもなるレンズ »

メガネ検査の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« プリズムレンズとフレネル膜プリズム | トップページ | プリズムレンズ・・・にもなるレンズ »

最近のトラックバック