« 子供用セル枠 | トップページ | 日本製 カジュアルなチタンメタルフレーム »

斜視で具合が悪い 3

斜視の原因の一つでもある「屈折異常」

近視と乱視では、どっちがヤバイか・・・・・。

そ れ は 乱視です!

乱視のほうが調節に負担がかかりやすく、輻輳とのアンバランスに繋がりやすいからです。

だ か ら 乱視はできるだけ矯正し、網膜上にキレイな像を映してください。

と、まぁ、これは理想です。

「無難な度数でいきましょう・・」という低矯正があまり良くないことはわかっていても、無難にせざるをえないことも少なくありません。

乱視は違和感が発生しやすい面もあるからですね。

乱視の違和感は、たいていは脳が補正してくれるのですが、その補正時間は人によってまちまちです。

環境やメガネの使用時間によっても違ってきます。

もちろん乱視度数、乱視軸、前眼鏡度数などによっても左右されます。

乱視に早く慣れるためには「違和感は気にしない」という方法もありますが、この方法を言うとお叱りを受けることもあります・・・・。

だけど結局は脳が違和感をコントロールするので、脳に違和感を感じさせないようにすることが大事だと思います。

痛いと思えば痛い、痛くないと思えば痛くない、ということでしょうか・・・・。

脳が上手に働けば、斜視にもなり辛いです。

「無難な度数でいきましょう・・・・は、眼位ズレ(斜視、斜位)に繋がることもある」ということも頭に入れておいてください。

« 子供用セル枠 | トップページ | 日本製 カジュアルなチタンメタルフレーム »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 子供用セル枠 | トップページ | 日本製 カジュアルなチタンメタルフレーム »

最近のトラックバック