« ipad 第5世代 | トップページ | サングラスは危険? »

アイパッドのフィルム

新アイパッドには「反射防止」を施しているフィルム(液晶保護の)を貼ってみました。

このフィルムは確かに反射防止効果は高いのですが、いかんせん液晶画面がざらついた感じ(擦りガラスっぽい)に見えます。

ざらつき感はピントを合わせることに、眼が緊張する可能性があります。

その緊張は眼精疲労に繋がることもありますから、このフィルムはその点では難点があるように思います。

Dscn14641

↑反射防止のないフィルム(旧アイパッド)


Dscn14661

↑反射防止のあるフィルム

もちろん、ipadを使用する環境によっては反射防止の良い効果は期待できるでしょう。

当店でも屋外からの光線の入りようで、反射防止フィルムのほうが画面が見やすくなることもあります。

しかし、そういう光線はipadの位置を変えるだけで簡単にクリアできます。

なので、メリットVSデメリットでは反射防止フィルムはメリットよりもデメリットが上回るかな・・・・・。

« ipad 第5世代 | トップページ | サングラスは危険? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ipad 第5世代 | トップページ | サングラスは危険? »

最近のトラックバック