« ファルベン フレーム | トップページ | 大きいフレーム「チタノス」 »

高齢者の交通事故 7

「下校の列に車 小4死亡 容疑の70歳 逮捕」

今日も痛ましい交通事故が高知新聞に載っていました。

記事によりますと、

女性の運転する車が対向車線にはみ出して対向車にぶつかり、そのはずみでひっくりかえった軽トラが児童の列に突っ込んだ。

どうやら、そもそもの事故原因は、女性ドライバーの「対向車線へのはみ出し」によるものだそうです。

ぜは、なぜはみ出すのか(よそ見は別として)・・・・。

脳がフラフラしている可能性があります。

視機能に問題があると脳が不安定になります。(寒暖差などでフラフラするこもありますでしょうが)

たとえば、この女性ドライバーに内斜位、もしくは上下斜位があると、道路の白線が時々二重に見えることもあります。

そうすると、自分の位置がわかりづらくなります。

高齢者は斜位を補正する能力も弱くなってきています。(もともと、内、上下斜位を補正する眼筋の作用は弱いです)

視機能異常のかたは、車をマトモにまっすぐ走らすのも困難になるかたもいます。

事故は午後4時ごろに発生したということです。

この時間も高齢者にはちょっとやばい時間帯になってきています。

体の疲れも出てくる時間だし、なにより昼間に比較してやや暗くなってくる時間帯です。

この微妙に暗くなってくることが高齢者の目にとっては、遠近感覚などが鈍ることもあります。

午後3時ぐらいから高齢者の車の運転は、要注意です。

« ファルベン フレーム | トップページ | 大きいフレーム「チタノス」 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ファルベン フレーム | トップページ | 大きいフレーム「チタノス」 »

最近のトラックバック