« 大人の眼鏡 | トップページ | スキーは楽しい。 »

高齢者の交通事故 9

加齢や水晶体混濁などにより、網膜感度は低下していきます。

では、車の運転に必要な視野はといいますと、特に病的なものがないとすれば視野検査では大きな問題はないようです。

しかし、視野内にある情報のコントロール力が低下していきます。

これは、やはり車の運転には不利です。

それと車の運転は、速度上昇に伴い視野の狭窄がおきてきます。

視野狭窄も上手にコントールすることができれば、中心部の見え方には都合が良くなります。

でも残念ながら、そういうコントロールも高齢になると苦手になってきます。

そういうことも踏まえて、目の機能ごとに「制限速度の条件」をつけたほうがいいように思います・・・・・。

「あなたの視力、視機能では最高速度は60キロです」とか・・・・・。

高齢者が高速道路を運転するのであれば、それなりの対策が必要です。

« 大人の眼鏡 | トップページ | スキーは楽しい。 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大人の眼鏡 | トップページ | スキーは楽しい。 »

最近のトラックバック