« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

近視で不同視

10代のかた

近視で、不同視

メガネは掛けたことがありません。

5m検査での完全矯正度数は、

右眼 R S-3.75D

左眼 L S-1.00D

でした。

まず、完全矯正度数で装用テストをしました。

10代のかたは順応性が高いので、違和感もあまり感じることなく、掛けられる可能性があるからです。

しかし、メガネがはじめてのかたにはシビアな度数差・・・・。

やはり「掛けづらい」とのことで度数調整に入ります。

一番掛けやすいのは「左右同度数にする」ことだと思われますが、左右でバランスが犠牲になります。

それで、

右眼 R S-3.00D

左眼 L S-0.75D

で装用テストをしました。

この度数では右眼の矯正視力が0.7ぐらい。この視力はそこそこ良質な両眼視をすることが期待できます。

装用テストの間、親御様には「視機能」の説明を詳しくしていきます。

適切な矯正が成功するカギは「親御様のご理解」という面がありますからね。

結果、「これでもちょっと・・・・」

では、

右眼 R S-2.50D

左眼 L S-0.75D

で試してみましょう。

右眼の矯正視力は、0.3~0.4になりましたが、「違和感の少ない度数を選択する」のも無難な方法です。

結果、この度数に決定。

あとは理想の度数を目指して「段階的に矯正する」ことをご提案しました。

このかたはスポーツをされています。スポーツの種類によっては「目が命」といえます。

10代のうちに高度な視機能を確立することをおすすめしました。

雷ガードタップ

雷ガード機能が内蔵している電源タップを購入しました。

Dscn17941


これで、雷サージからパソコン、視力表、オートレフ、及び電化製品を守っていきます。

http://hamatami.cocolog-nifty.com/diary/2018/03/post-734a.html

高知は山間部にお住まいのかたは、雷の害に時々遭うようです。

当店がある新町近辺は近くに変電所があるおかげでしょうか、雷の害は少ないです。

でも、去年は激しい雷のあとに停電があり、Wi-Fiルーターが壊れました。

それで、今年は雷シーズンを前に対策を立てています。

雷ガードタップだけで、すべての雷から守れるわけではないでしょうが、何もしないよりは安心でしょう・・・・。

白内障の手術で不同視に 2

不同視は、度数によっては、40歳を超えても裸眼で遠見から近見まで見ることが可能です。

たとえば、50歳。右眼は正視で、左眼が中度の近視(S-3.00D)のかた。

右眼では無限遠~45㎝ぐらいまで見えます(網膜にピントを合わせることができます)

左眼では近見距離、20㎝~30㎝ぐらいものはバッチリ見えます。

「不同視は便利な眼」という面もあるのですが、「視機能異常になりやすい」大きなデメリットがあります。

そのデメリットは自律神経の乱れに繋がりやすくなります。

想像してください。

片方の足に普通の靴を履いて、もう片方の足には下駄を履く。

これはどう考えて具合(バランス)が悪い!

不同視もバランスが悪い目です。

人間の目は遠くも近くも両眼の連動がスムーズにできてこと、良質の視機能(立体視、遠近感覚)を発揮することができます。

その視機能が犠牲になるような「眼内レンズの調製(度数)」は、慎重に検討されたほうがいいです。

白内障の手術で不同視になってもいいのかどうか。

年齢、生活、将来、などを考慮に入れて、メリットVSデメリットを天秤にかけましょう。

強度近視のかたが、片眼のみ手術をされる場合、

「裸眼で遠くも近くも見やすい度数にしましょう」と言われても、安易にOKするのではなく、不同視のデメリットも考えてください。

車の運転をするかたは、特に慎重に!

白内障の手術で不同視に

私は「不同視」という目です。

小学低学年のときから左眼だけ近視が強くなり、右眼の視力は1.5で左眼は0.08ぐらいになりました。

そのころ眼科を受診したのですが、「片眼が見えているからいいでしょう・・・」という診断をされました。

この診断は視機能的にはまったくよろしくないのですが、まぁ、昔のことですから(というしかない・・・・)。

不同視(私の場合)は目が非常に疲れます。遠近感は悪くなるし、眼位(視軸の向き)ズレもおきてきます。

そのせいで球技などの運動は苦手になります。集中力にも問題が起きやすくなります。

視機能異常にもなりやすく、弱視になる危険性もあります。

いいことはほとんどありません・・・・。

不具合の大きい不同視。今も「これでいいの?」と思う例があります。

それは、白内障の手術によって不同視になるケース。

強度近視のかたが片眼だけ手術をされ、眼内レンズにより正視、もしくは弱度の近視になった場合です。

たとえば、

右眼 R S-12.00D

左眼 L S-2.00D

術前は、左眼もS-12,00Dぐらいの近視で、術後はS-2.00Dの近視になりました。

この眼は左右差がS-10.00Dある強不同視の眼になりました。

こうなるとメガネでの完全矯正は、ほぼ無理です。両眼視ができません。

片眼の手術(眼内レンズを入れる)をすることにより、視機能異常になるのですから、デメリットも大きいです。

せっかく手術をするのだから、「強度近視をなくしたい」という配慮もあるのでしょうが、そこらへんの説明が不足しているように感じることがあります。

だから「手術をして本当に後悔しています・・・」と訴えられるお客様がいます。

ひろめ市場のたたき

ひろめ市場に行ってきました。

ここにくれば和洋中、色んな食があります。

あれもこれもと目移りがするのですが、いつもの定番を注文。

かつおのたたきと餃子です。

 

Dsc_0179


Dsc_0184

うん、美味い!

やはり、県外のお客様に紹介しやすいのは「ひろめ市場」やね~。

でも、平日でも高知の酒飲みで混雑していますが・・・・。

サイクリングでSに遭遇

5月24日 (木) 晴れ

サイクリングが気持ちいい。昨日の雨で道路はまだ濡れているので、注意しながら走る。

すると、木立からガサガサガサと不気味な音が。

木立に注意を向けると、なにやら黒っぽい物体がいる。

その正体は・・・・「猿」だった。

このサイクリングコースで、猿に遭遇したのははじめてだ。

これからは、猿にも注意して走らないといけませんね。confident

Kc3p0130


↑この中に猿がいる。写真ではわかりませんね・・・・。

ウスカルフレーム「ベンデミル」

ベンデミル」は、遠近両用など累進レンズに対応。

Dscn17861

「遠近両用など累進レンズに対応のウスカルメガネフレーム」とは、レンズ部の上下幅が30ミリ前後はあるという、上下に深めの玉型のフレームデザインのメガネのこと。

ベンデミルは、レンズ上下が34mmあります。

「レンズ上下幅の広いアンティークなメガネ」として掛けこなせるところが、この「ベンデミル」の嬉しいポイントです。

ウスカルフレーム「ペルドール」

リム厚タイプの小型の玉型のボストン「ペルドール」とは

Dscn17891

今回、「リム厚」と呼ばれるタイプのウスカルフレーム、「ペルドール」の登場です。

小型のボストン眼鏡となっています。

「リム厚」とは、眼鏡業界では「カットリム」と呼ばれています。

一枚のチタン板を、立体的に打ち抜いて成形し、レンズ周りのパーツとして使っているのです。

古式のメガネにもよく見られた、とても頑丈な構造のチタンフレーム。

そしてスマートな小型のボストン型のレンズシェイプを採用し、ネオアンティークな雰囲気をただよわせています。

遠視で不同視

眼科処方

右眼 S±0.00

左眼 S+3.25D C-1.00D AX20

(Sは遠視度数、Cは乱視度数、Dは度数の単位、AXは乱視軸)

で、お子様のメガネを調製しました。

遠視不同視の処方です。

遠視性の不同視は、度数の強いほうの目が弱視になる恐れもあります。

ですから、早期発見、早期治療が大事です。

しかし遠方、近方ともに片眼が良く見えているかたの不同視は、発見することが難しい場合もあります。

見ることに関して、そんなに不便を感じないこともあるからです。

また、幼児のかたは自分で見え方のチェックができません。

親御様が「近見の見え方チェック」をしてあげてください。

http://hamatami.cocolog-nifty.com/diary/2009/01/post-dccc.html

遠視は、遠見の視力よりも近見での視力が悪いことがあります。

遠視で2重焦点レンズ

遠視のお子様 眼科処方

遠用

右眼 S+5.75D

左眼 S+3.75D

近用 

右眼 S+8.75D

左眼 S+6.75D

(Sは遠視度数、Dは度数の単位)

この度数で「2重焦点レンズ」のメガネを調製しました。

http://hamatami.cocolog-nifty.com/diary/2017/08/post-16fb.html

お子様の2重焦点レンズ、たいていは「内寄せ過剰」の治療が目的のレンズです。

調節力不足を補う大人用の2重焦点レンズとは違います。

治療ですから、レイアウトもシビアに調整しないとマズイです。

治療用メガネの効果を発揮するには「フィッティング調製がとても大事」ということです。

元気いっぱいのお子様はフレーム選びも慎重に。

2重焦点レンズに適合するフレームを選んでください。

そういうもろもろのアドバイスを当店はしていきます。

遠視の「お子様用メガネ」も沢山在庫しています。

ウスカルフレーム「ビオローグ」再入荷

ウスカルフレーム「ビオローグ

 ・つやありブラック

 ・つやありダークカーキ

 入荷しました。

Dscn17851

山崩れに注意

<当店は、平常通りの営業をしております>

5月17日(木) 曇り

この時期、曇りのほうが快適なサイクリングができます。

高知の日差しは強いですからね・・・・。

いつものホームコース、山崩れのため通行止めだった場所が復旧していました。

Kc3p0129

山のてっぺん付近から、崩れていました。

こんな山崩れに巻き込まれたら・・・・。

上も下も注意して、サイクリングをしていきます。coldsweats01

ぼちぼち平常通りの営業をしていきます。

5月16日(水)

浜田 久美は術後の診察にいってきました。

経過は順調で、「大きい問題はない」ということです。一安心です。

ということで、ぼちぼち平常通りの仕事をしていきます。

営業時間は、平常通りの「午前9時~午後7時」とさせていたただきます。

定休日は「毎週 木曜日」です。

よろしくお願いいたします。

マズイ・・・とは言えない。

5月13日(日)テレビ高知の番組「元気の時間」で老眼鏡のことを取り上げていました。

いつものように眼科医が登場し、「老眼鏡を作る場合は、眼科にいらっしゃい」と、これまたいつものセリフをおっしゃいます。

バラエティー番組の食レポは、何を食べても「美味しい!」と言う。

「マズイ!」とは言えないですね・・・・。

医レポも「調子がいい」としか言わない。

いえね、私は眼科へ行くのが悪いと言っているわけではありません。

病気が心配なかたは眼科で目の検診をすればいいのです。

「病気ではない」とわかれば、当方も安心してメガネを作ることができますから。

でもね、病気が専門の眼科は光学的なメガネ調製は、苦手な面もあるのです。

ですから、メガネ調製に関しては「大人のメガネ相談はメガネ屋さんに」と言ってくれれば、理想的だと思いますが・・・・。

光学的なことは、メガネ屋が専門ですから。

「フレームをメガネ屋で選んで、そのフレームに適合する遠近累進レンズタイプを選び、レンズタイプに合わせて度数調製をする」

こういう細かい調整(配慮)は、メガネ屋でしかかできません。

番組に出演していたメガネ屋さんも、そういうことを主張してくれればいいのに。

そういう趣旨の番組ではないか・・・。

子供用メタルフレーム

子供用メタルフレームの入荷です。

Dscn17561


Dscn17571


Dscn17581


Dscn17591


Dscn17601

浜田 久美はぼとぼちと動いています。

5月13日(日)

浜田 久美はリハビリをかねて、ぼちぼち仕事をしております。

仕事は身体を動かし、声を出します。

お客様に、喜んでいただけることもあります。

これは、身体にとっては良い影響があるでしょう。

ま、だけどまだ無理はできないので、お客様がいないときは休んでいます。

営業時間は引き続き「午前9時~午後6時」でお願いしています。

テンプル長めのセルフレーム

テンプル(腕)が長い目のセルフレーム。

人気商品でリピートをしていたものが入ってきました。

Dscn17841


テンプルの長さが「151mm」あります。

このシリーズの通常版テンプル長は、143mmです。

耳までの奥行きによって、お選びいただけます。

土佐市 モルゲンロートさんがラーメン店に

もう一つラーメンの話

土佐市のラーメン屋さん。

ここのラーメンを食べるのは初めてです。

先月まではパスタ屋さんだったからです。

先月にパスタを食べにいってたので、ラーメン屋さんに変更するのは知っていました。

それで、パスタは美味しかったのでラーメンはどんなもんやろ・・・・ということで偵察ランチです。

結果は、OKです。

やさしい味で、「シニア向けのラーメン」という感じでした。

チャーシュウはグッドです。

またいきますhappy01

Dsc_0174

店内は、イタリア料理の雰囲気のまま、落ちついた中で、ラーメンを食べたいかたにおすすめです。

カップルにもおすすめ。

イタリア料理店のときの名前は「モルゲンロート」さんです。

ラーメンは美味しかったが・・・・。

あるラーメン屋さんでの出来事。

人気のあるラーメン店。

夫婦で夕食を食べに比較的に空いていそうな午後5時半ぐらいに入店。

狙い通りに店内には一組しかお客さんはいません。

「塩ラーメン2つ」を注文。

「空いていてよかったね・・・」などと会話をし、出来上がりを待っていました。

その間、厨房では店内に聞えるぐらいの声で雑談が。

ちょっと気になる・・・・。

どうやら出来上がったようです。

ワクワクして待っていると、私たちの席をスルーして塩ラーメンは隣の席に・・・・。

その席は私たちの後に入店されたかたです。

これは気になる・・・・・。

やっと、私たちの塩ラーメンがくると「すみません・・・間違って隣の席に運びました」と。

まぁ、こんなこともあるので「いいえ、どういたしまして」と。

すると「餃子おまたせました」と持ってきます。

「え、え、餃子は注文していませんよ」もうなんだかなー。think

76051
せっかくの美味しいラーメンが白けた感じです。

こうなると、あの雑談が大いに気になる!

仕事に集中しないとミスはおきやすくなりますからね。

なお、集中力低下の原因には、

遠視、乱視の屈折異常や斜位などの眼位異常があります。

仕事でミスをしやすいかた。一度詳しく眼の検査をしてみてください。

 

日本のメガネフレーム「ファルベン」

日本の高度な技術とヨーロッパの優雅な香りを併せ持った機能とファッションの結晶

 

色彩にこだわった

 

Farben(ファルベン)の入荷です。

Dscn17551

遠近累進眼鏡の報告書

あるレンズメーカーのセミナーで、

眼科発行の処方箋で遠近累進メガネを調製した場合、「医科向け報告書」をお渡しすることを勧められました。

Dscn17831

この報告書は、「眼科とのトラブルは避けましょう」という提案ですね。

たいていの眼科は病気の発見、治療が本職ですから、遠近累進の知識に疎いです。

遠近累進度数をレンズメーター(度数を測るもの)で正確に測定することはメガネ屋でも困難な場合があります。

ましてや眼科では・・・。

ですから、「処方度数と違います!」などと、いらぬ疑いをかけられないように「先手を打って、報告しましょう」ということですね。

でも、なんだかこの方法もモヤモヤしてしまう。

だって、そもそも遠近累進でチェックしないといけないのは、「レイアウトが正確(適切)にできているかどうか」です。

調製度数を間違えることは滅多にないでしょう。

だから報告するとすれば、

たとえばPD(瞳孔間距離)のレイアウトでは、たいていの眼科は「遠用PD○○㎝、近用PD○○㎝」と単焦点レンズ(遠近両用ではないレンズ)用のPDが記載されています。

このPD通りに遠近累進を調製するのは、通常マズイです。

なので、遠用PDが「66mm」と記載されていれば、

PDに関しましては、ほとんどの場合左右でPDが違います。

単焦点レンズの場合は、左右の合計PD66mmを等分して調製しても問題ない場合も多いうのですが、遠近累進レンズはそれではよくありません。

左右別々にキッチリとPDを設定しないと具合が悪くなる恐れがあります。

それは、累進レンズの特性により右眼の設計と左眼の設計とは別になっており、両眼視を考慮すると両眼共通視野が広くなるように設計されているからです。

ゆえに右眼なら右眼のPD、左眼なら左眼のPDで、遠用アイポイントに正確に調製します。

近用アイポイント問題ないかも確認をします。

まれに左右で輻輳力がかなり違うかたがおられますが、そんな場合は度数や遠用、近用などの使用頻度によってもPDを調製します。

今回、患者様に選んでいただいたフレームに合わせて、当店で測定したPDで調製させていただきました。

という感じで報告すればいいと思いますが、この報告は「処方通りに作っていない!」とお叱りを受ける恐れもあります。

商売的にはおすすめできません・・・・。

 

世間話担当は、浜田 久美

病院の待合室での出来事

診察の順番を待っていると、「わしの順番はまだか!もう○時間も待っているんや。しんどくて来ているのに」と看護師さんに強く訴えているかたがおられました。

おそらく予約のかたではないのでしょう。この病院は予約優先(通常は、そうですね)で診ていますから、飛び込みの患者さんはどうしても待ち時間が長くなります。

ご年配のかたでした。

待つことはストレスになります。

そのストレスに対応できるだけの体力がご年配のかたは弱くなっています。

体がしんどければ、ちょっとしたことでもイライラしますから、長い待ち時間は耐えられないのでしょう。

当店もご年配のかたのメガネ作りは気をつかいます。

検査、接客、調整と丁寧にしていけば、すぐに2時間ぐらいかかります。

加工に入るとなると、さらに時間がかかっていまします。

加工時間が「待ち時間」にならないように、浜田久美が世間話などをさせていただいていました。

でも、今月の末ぐらいまで浜田 久美は療養のために、店にはでません。

なので、世間話もちょっとお休みします。

すみません。

病院は世間話担当のボランティアさんでもいればいのですが・・・・。

カジュアルなメタルフレーム

カジュアルなメタルフレームの入荷です。

Dscn17791

40代以上のかたに向いているフレームです。

サイクリング、しかし・・・・

5月3日(木) 晴れ

浜田 久美は退院しました。

あとは自宅療養です。

とりあえず、一息・・・ということでサイクリングに行く。

天気はいいが、風が強い。

久しぶりのサイクリングで、やや足が重い。

と、いつものホームコースを走っていると、「全面通行止」の看板が!

Kc3p0128

どうやら、山崩れらしい。

去年の台風のせいで地盤があちこちで悪くなっていますから、その影響かも知れません。

足の調子もよくなってきたのに残念ですが、「ここらへんでやめておけ」という合図なのでしょうね。

なお、本日より営業時間を午前9時~午後6時とさせていただきます。

引き続き、5月末ぐらいまでメガネの販売は休みます。

加工器の給水方式

当店の加工器

Dscn17821

この加工器でほとんどのレンズ加工をしていきます。

多い時で一日に6~8ペアほどの加工をすることもあります。

水を流しながら(レンズにあてながら)レンズを削っていきます。

アンダースッキリ加工も、この加工器を駆使して仕上げていきます。

(手摺りでやる場合もあります)

加工の給水方式には、「循環方式」と「水直直結方式」があります。

循環方式は、タンクに水をためておいて、その水を繰り返し使用していきます。

水道代金は安くてすみますが、汚れた水でレンズを削る問題点があります。

加工器も傷みやすいことがあります。

水道直結式は、常に新鮮な水を使用していきます。

水道代金は高くなりますが、レンズにも加工器にも優しい加工ができます。

当店は「水道直結方式」を採用しています。

排水掃除も小まめに行っています。

削りかすができるだけ流れないように、2、3ヵ月に一度は、回収しています。

Dscn17781

↑削りかすは、ネットで受けています。

今日から昼は休みます。

本日より「お昼休み」を頂くことにしました。

一人で店をやっていますと、どうしても昼食がままなりません。

食べ物を口に入れたまま電話に出ることも難儀だし、もぐもぐしていたら、電話の向こうでは「なんと、失礼な店だ!」と思われているかも知れません。

ビクビクして昼食をとるのも、胃弱の私には負担が大きいです。

ということで、ご迷惑をおかけしますが、お昼に1時間の休みを取らさせていただきます。(電話にも出ません)

 午後12~午後1時まで。

昼休みは、とりあえず「浜田 久美が復帰するまで」とさせていただきます。

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

最近のトラックバック