« 遠視で2重焦点レンズ | トップページ | ウスカルフレーム「ペルドール」 »

遠視で不同視

眼科処方

右眼 S±0.00

左眼 S+3.25D C-1.00D AX20

(Sは遠視度数、Cは乱視度数、Dは度数の単位、AXは乱視軸)

で、お子様のメガネを調製しました。

遠視不同視の処方です。

遠視性の不同視は、度数の強いほうの目が弱視になる恐れもあります。

ですから、早期発見、早期治療が大事です。

しかし遠方、近方ともに片眼が良く見えているかたの不同視は、発見することが難しい場合もあります。

見ることに関して、そんなに不便を感じないこともあるからです。

また、幼児のかたは自分で見え方のチェックができません。

親御様が「近見の見え方チェック」をしてあげてください。

http://hamatami.cocolog-nifty.com/diary/2009/01/post-dccc.html

遠視は、遠見の視力よりも近見での視力が悪いことがあります。

« 遠視で2重焦点レンズ | トップページ | ウスカルフレーム「ペルドール」 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 遠視で2重焦点レンズ | トップページ | ウスカルフレーム「ペルドール」 »

最近のトラックバック