« 遠視で不同視 | トップページ | ウスカルフレーム「ベンデミル」 »

ウスカルフレーム「ペルドール」

リム厚タイプの小型の玉型のボストン「ペルドール」とは

Dscn17891

今回、「リム厚」と呼ばれるタイプのウスカルフレーム、「ペルドール」の登場です。

小型のボストン眼鏡となっています。

「リム厚」とは、眼鏡業界では「カットリム」と呼ばれています。

一枚のチタン板を、立体的に打ち抜いて成形し、レンズ周りのパーツとして使っているのです。

古式のメガネにもよく見られた、とても頑丈な構造のチタンフレーム。

そしてスマートな小型のボストン型のレンズシェイプを採用し、ネオアンティークな雰囲気をただよわせています。

« 遠視で不同視 | トップページ | ウスカルフレーム「ベンデミル」 »

強度近視の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 遠視で不同視 | トップページ | ウスカルフレーム「ベンデミル」 »

最近のトラックバック