« 近視で不同視 3 | トップページ | 近視で不同視 5 »

近視で不同視 4

近視で不同視

60代の浜田 清

もちろん老眼にもなっています。

私の度数は、

右眼 R S-1.75D C-0.50D Ax85

左眼 L S-4.00 C-0.75D Ax15

普段掛けているメガネは「遠近累進メガネ」

遠近累進レンズのタイプ別に仕事用、プライベート用、運転用、サイクリング用と使い分けています。

「用途、用法に合わせてメガネを選ぶ」これがメガネ作りの基本ですから、実践していることになります。

まぁ、色んなメガネを試す目的もあるのですが・・・・。

遠近累進メガネはとても便利なメガネです。

1本のメガネで遠くも近くも見えますから、煩わしい架け替えの必要がありません。

しかし、不同視のかたが遠近両用メガネを作る場合は、難しくなることが少なくありません。

それは遠近両用レンズは遠用部(遠方を見る部分)から、近用部(近方を見る部分)に視線を垂直移動して見るレンズだからです。

ということは、近用部に「垂直方向のプリズム誤差」が多く発生します。

たとえば、私のように垂直方向の度数差が約3.00Dありますと、遠用部から近用部への視線移動が10mmだったとすると、近用部では左右眼で3△(△はプリズム量の単位です)ものプリズム誤差が発生します。

3△といってもピンとこないと思いますが、普通この誤差は、とてもしんどいです。
モノも二重に見えると訴えるかたもいます。

では、「不同視の人間は、遠近両用メガネを掛けられないのか」というと、そんなことはありません。

現に、私が問題なく掛けこなしています。遠近両用メガネなしでは不便でたまりません。

不同視のかたに向いている遠近両用メガネもありますから、私の体験談を交えてアドバイスいたします。

お気軽にご相談ください。

« 近視で不同視 3 | トップページ | 近視で不同視 5 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 近視で不同視 3 | トップページ | 近視で不同視 5 »

最近のトラックバック