« 紫陽花「きらきら星」 | トップページ | 近視で不同視 3 »

近視で不同視 2

20代の不同視のかた

眼精疲労、首肩コリ、片頭痛などの症状があります。

不同視のかたは、左右眼でのバランスが悪い目です。

そのせいで、眼筋に負担がかかりやすく、調節輻輳の関係もトラブルがおきやすくなります。

ですから、バランスが取れるように左右眼を完全矯正することが理想です。

でも、左右の度数差があればあるほどメガネは掛けづらくなります。

通常、年令が高くなれば順応性も衰えてきます。

さて、どうしたものか・・・・・。

将来的なことも考慮に入れてメガネを作ろうと思えば、少しでも良質な視機能を発揮できるメガネをご提案するべきです。

だけど、そういう考慮は得てしてクレームになりやすい。

かといって、無難な度数は問題を先送りするだけの結果になりやすい。

眼鏡技術者はハムレットの心境に・・・・。

最終的な度数判断は、お客様に委ねることになります。

フレームは不同視に適したものがあります。

お客様と浜田 清(私も不同視)と久美の共同作業で、不同視メガネを調製していきます。

« 紫陽花「きらきら星」 | トップページ | 近視で不同視 3 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 紫陽花「きらきら星」 | トップページ | 近視で不同視 3 »

最近のトラックバック