« スポーツ用メガネ 日本製 | トップページ | 海綿加工 »

普通のメガネはメガネ屋に。

メガネ調製で治療が目的ではなく、薬を使用しての検査も必要もない場合。

「普通のメガネ屋に相談してください」とアドバイスをしてくれる眼科が増えているようです。

メガネ屋で検査をしてメガネを調製する場合、その責任はユーザーさんと店との共同責任になります。

責任の所在がハッキリしていますから、何かあった場合に対処が容易です。

眼科処方の場合、責任の所在があいまいになります。

処方度数がマズイのか、はたまた調製具合が悪いのか・・・・。

また、眼科は結果責任をとりません。(医療機関は、とる必要もありません)

眼科のメガネ屋に委ねる姿勢は、ユーザー、メガネ屋、眼科にとっても三方両得に繋がると思います。

ただし、眼鏡処方箋をあてにしている通販業者は困るでしょうね・・・・。

« スポーツ用メガネ 日本製 | トップページ | 海綿加工 »

メガネの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スポーツ用メガネ 日本製 | トップページ | 海綿加工 »

最近のトラックバック