« 生涯教育2018 | トップページ | SSL化しました。 »

生涯教育2018 近視

近視進行に関与する環境因子の一つとして、網膜像のデフォーカスの影響があげられる。

これは網膜にピントが合っていない状態のことである。

網膜の後方に焦点を結ぶ状態が持続すると、生体は眼軸長を伸長させることにより焦点を合わせようとする。ヒヨコを使った動物実験では遠視性デフォーカスで眼軸長が伸長し、近視化したとの報告がある。

2018生涯教育テキストより

ヒヨコですか。

これが猿だったらどうなるか・・・・。

動物実験の結果が人間に当てはまるかどうか・・・・なんともいえないところでしょう。

この説では「近視は低矯正にしたほうが近視の進行は遅くなる」とうことになるのでしょうが、これもなんともいえないでしょう。

かえって、「完全矯正にしたほうが近視の進行は遅くなる」説もあります。

いずれにしろ、眼位(視軸の向き)も考慮に入れて、近視度数調製をしたほうが望ましいです。

近視の進行は少しおさえられたけど、眼位ズレが発生し、斜視になった・・・・では本末転倒でしょう。

« 生涯教育2018 | トップページ | SSL化しました。 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 生涯教育2018 | トップページ | SSL化しました。 »

最近のトラックバック