« ヴィンテージフレーム 5 | トップページ | 寄り目ができない 2 »

寄り眼ができない

輻輳力が弱いかたがいます。

輻輳力とは、

近くのモノを見るときに、近くに焦点が合うような視線に、眼の筋肉を内側(鼻側)によせる力のことです。

そのかたに「寄り目ができません・・・・」と言われることもあります。

寄り目が苦手なかたは、近見視でモノが二重に見えることがあります。(老眼でもないのに)

眼精疲労にもなることもあります。

輻輳力が弱くなることの原因の一つとして「近視」があります。

近視の未矯正、もしくは低矯正は調節力とのバランスが悪くなります。

結果、調節力と連動している輻輳力に影響が出てくる恐れがでてきます。

ですから、輻輳力が弱くならないように、老眼になる前の近視は完全矯正が望ましいです。

でも、実際には他のこと(違和感など)も考慮に入れてメガネを作っていきます。

« ヴィンテージフレーム 5 | トップページ | 寄り目ができない 2 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヴィンテージフレーム 5 | トップページ | 寄り目ができない 2 »

最近のトラックバック