« レンズの不良 | トップページ | 台風21号 »

40歳代~50歳代は変化しやすい

目の屈折は、成長期に変化します。

「遠視だったものが正視に、やがて近視になる」このパターンが多いです。

次に変化しやすい年代は、40歳代~50歳代です。

この年代は、調節力の衰えが顕著になり、目の疲れも起きてきやすくなります。

眼精疲労を軽減するためには、適度な休養と、適切なメガネを掛けることです。

メガネは使用目的によって使い分けることもおすすめです。

また、変化しやすい時期は2、3年を目安に度数のチェックをしてください。

「首、肩コリ、頭痛の原因は目だった!」というのはよくあることです。

« レンズの不良 | トップページ | 台風21号 »

メガネの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« レンズの不良 | トップページ | 台風21号 »

最近のトラックバック